Blackboxは分散型仕事の未来を創造するために力を合わせている博士、役員、技術者のグループです。 Blackboxトークンは、分散したビジネスオペレーティングシステムとして人、チーム、およびプロジェクトを管理するために使用されます。 ブラックボックスのデリバティブバリューポイント(DVP)プロポーザルプロトコルは、経済的要因の影響を受けず、料金、政治、およびその他の伝統的な組織の膨張がないプラットフォームになります。 このプロトコルは、悪意のある要素を排除し、共益を追求する人に報酬を与えます。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
BBOS
開始日時
2018-06-26
終了日時
2018-09-27
最低目標
1 Eth
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 BBOS = 0.16 USD
公式サイトへ Owner of Blackbox Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率34.58%
KYCKYC
参加不可地域U.S.A. and China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Sold on Pre-Sale - 50%

概要

ビジネスオペレーティングシステム。 未来の仕事を管理する分散プラットフォーム。 ブロックチェーン上に構築される次世代の労働者に権限を与え、人間の価値を高めるるより効率的で実用的な形の「仕事」。

チーム すべてを見る

Jason J Sosa
Jason J Sosa
Founder/CEO
Benjamin Stewart
Benjamin Stewart
Co-Founder/CTO
Bob Goodman
Bob Goodman
Board Member
Tom Bowles
Tom Bowles
AI/Deep Learning
Shahid Chishty
Shahid Chishty
Operations/Finance
Matthew Knapp
Matthew Knapp
Marketing

人気ICO記事

  • 【7月5週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    先週は順調に新機能の開発が進みました。今週から新しいUIになっております。AirDrop Qや自動売買は「ピックアップ」ページよりご利用になれます。ウォレット機能はテスト段階に入りました。もうしばらくお待ちください。相場データの整理と安定性と速度の強化も引き続き行っております。 ウォッチリストの表示を3段階に分けました。ご自身に合う表示方法を選択してください。 Vechain(ウォレット) CoinPark(ウォッチリスト)
  • いま注目すべき、TEAMZブロックチェーンサミット

    TEAMZブロックチェーンサミットは、ブロックチェーン業界のキーパーソン、世界各業界の主要人物、最新のブロックチェーンプロジェクト、大手取引所とメディアプラットフォームを集めた盛大なビジネスイベントである。ブロックチェーンの最新動向を把握、ビジネスチャンスを掴む、貴重な人脈を作る絶好の機会は、2018年9月28日〜29日に東京で開催されるこのイベントにある。イベントの目的は、キーパーソンと優れたブロックチェーンプロジェクトを結びつけ、両者の良好な関係を促進し、取引成立、ビジネスアライアンスを確立、グローバルネットワークを拡大することである。2日間のサミットで、45名のスピーカーとキーパーソン、
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア