Blackboxは分散型仕事の未来を創造するために力を合わせている博士、役員、技術者のグループです。 Blackboxトークンは、分散したビジネスオペレーティングシステムとして人、チーム、およびプロジェクトを管理するために使用されます。 ブラックボックスのデリバティブバリューポイント(DVP)プロポーザルプロトコルは、経済的要因の影響を受けず、料金、政治、およびその他の伝統的な組織の膨張がないプラットフォームになります。 このプロトコルは、悪意のある要素を排除し、共益を追求する人に報酬を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BBOS
開始日時
2018-06-26
終了日時
2018-09-27
最低目標
1 Eth
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 BBOS = 0.16 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Blackbox Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率34.58%
KYCKYC
参加不可地域U.S.A. and China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Sold on Pre-Sale - 50%

概要

ビジネスオペレーティングシステム。 未来の仕事を管理する分散プラットフォーム。 ブロックチェーン上に構築される次世代の労働者に権限を与え、人間の価値を高めるるより効率的で実用的な形の「仕事」。

チーム すべてを見る

Jason J Sosa
Jason J Sosa
Founder/CEO
Benjamin Stewart
Benjamin Stewart
Co-Founder/CTO
Bob Goodman
Bob Goodman
Board Member
Tom Bowles
Tom Bowles
AI/Deep Learning
Shahid Chishty
Shahid Chishty
Operations/Finance
Matthew Knapp
Matthew Knapp
Marketing

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO