Blackboxは分散型仕事の未来を創造するために力を合わせている博士、役員、技術者のグループです。 Blackboxトークンは、分散したビジネスオペレーティングシステムとして人、チーム、およびプロジェクトを管理するために使用されます。 ブラックボックスのデリバティブバリューポイント(DVP)プロポーザルプロトコルは、経済的要因の影響を受けず、料金、政治、およびその他の伝統的な組織の膨張がないプラットフォームになります。 このプロトコルは、悪意のある要素を排除し、共益を追求する人に報酬を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BBOS
開始日時
2018-06-26
終了日時
2018-09-27
最低目標
1 Eth
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 BBOS = 0.16 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Blackbox Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率34.58%
KYCKYC
参加不可地域U.S.A. and China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Sold on Pre-Sale - 50%

概要

ビジネスオペレーティングシステム。 未来の仕事を管理する分散プラットフォーム。 ブロックチェーン上に構築される次世代の労働者に権限を与え、人間の価値を高めるるより効率的で実用的な形の「仕事」。

チーム すべてを見る

Jason J Sosa
Jason J Sosa
Founder/CEO
Benjamin Stewart
Benjamin Stewart
Co-Founder/CTO
Bob Goodman
Bob Goodman
Board Member
Tom Bowles
Tom Bowles
AI/Deep Learning
Shahid Chishty
Shahid Chishty
Operations/Finance
Matthew Knapp
Matthew Knapp
Marketing

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、