Bitenny - 未来をシンプルに

Bitennyは、伝統的な法定通貨とそれらのデジタル、暗号化の対応物との間のギャップを埋める手段として設計されています。 そうすることで、デジタル通貨を現実の世界ではるかに使いやすい資産にし、その過程で伝統的で未来志向の支払い概念を統合します。 これにより、Bitennyは最先端の市場でユニークな立場に置かれ、ビジネスと商取引の将来に大きな焦点を当てます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BTNY
開始日時
2019-02-28
終了日時
2019-07-28
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.0700 USD
トークン供給数
700,000,000
公式サイトへ Owner of Bitenny?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bitennyの構造 - ネットワークはコンポーネントの集まりとして機能するように設計されていますが、それぞれが独自のスタンドアロン機能を提供しますが、スタンドアロン要素がまとまった全体として機能できることが依然として重要です。NoSQLデータベースやスムーズな運用を保証するRBDMS規制プロトコルなど、ネットワークのハイレベルアーキテクチャによって実現されています。ユーザーレベルでは、このアーキテクチャーとの対話は、Bitennyウォレットなどの直感的なインターフェースを介して提供されます。    Bitennyのコンセプト - Bitennyは、伝統的な法定通貨と対応するデジタルの暗号通貨との間のギャップを埋める手段として設計されています。そうすることで、Bitennyはデジタル通貨を現実の世界ではるかに使いやすい資産にします。その過程で伝統的で未来志向の支払いの概念を統合し、自体をフィンテック市場での独特な立場に置き、ビジネスと商業の将来への強い関心を与えます。    AIとBitenny - あらゆる分野のユーザーにとってより安全で効果的な取引プロトコルを容易にするために、BitennyはAIの可能性を利用し、この継続的に発展する分野の最前線に立っています。 AIは市場へのより良い洞察を得るため、そして必要に応じて投資家に分析と理解を提供するために使われます。このAIは、Bitennyの業界専門家チームによってバックアップされ、彼らの専門知識は、世界中のさまざまな金融およびIT分野を網羅しています。

チーム すべてを見る

Shahdad Kiyani
Shahdad Kiyani
CEO
Youssef Dikri
Youssef Dikri
COO
Mahdad Kiyani
Mahdad Kiyani
CCO
Nardie Scharenborg
Nardie Scharenborg
CTO
Eray Deniz Turgut MSc
Eray Deniz Turgut MSc
CFO
Silvano Soares
Silvano Soares
CXO

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: