Biotron.io - 最も正確なユーザー分析

Biotronは、最も正確なユーザー分析を提供します。私たちのソリューションは誰でもオンラインサービス、ソーシャルネットワーク、センサー、IoTデバイスからのデータを安全に提供することができます。このデータに基づいて、高品質で正確なデータ分析を作成し、組織や個人が新たな洞察を得てより良い意思決定を行うことを支援します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BTN
開始日時
2018-02-01
終了日時
2018-03-19
初回価格
1 BTN = 0.10 EUR
トークン供給数
350,000,000
公式サイトへ Owner of Biotron.io ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, EOS
供給率35%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Biotronはユーザーが作成したデータを制御し、直接的または間接的に利益を得ることができます。

これにより、企業は高い品質のデータに基づいて情報に基づく意思決定を行うことができます。

Biotronのビジョンは、巨大なIT企業が作成したデータサイロを細分化して革新を可能にすることです。

プライバシー、透明性、信頼性は、同社の中核的価値です。

今のインターネットを使用しているすべての人は情報のデジタルトレイルを作成します。

すべての検索、投稿、場所、購入、閲覧、表示、クリックが記録されます。

平均的なインターネットユーザーは毎日約0.5 GBのデータを生成します。この金額は、毎年、約45%増加しています。

(GoogleやFacebookなどの)デジタルサービスを無料で利用できるようにするには、個人情報の一部を無料で提供することが大切です。サービスのカスタマイズが大いに役立ちます(たとえば、場所/広告/サイトやページなど)。

しかし、悪質な人たちがあなたの個人データを収集してこっそり処理しています。

これらの悪質な人たちは消費者指向の企業にこのデータを販売して収益を上げています。

彼らは一般的にデータブローカーまたは再販業者として知られており、個人情報を熟知せずに収益を得ています。

彼らは私たちの透明な同意なしに動作し、私たちになんの報酬を提供しません。

これらの企業は、情報を収集、処理、共有して自分自身で利益を得る場面の裏で働いています。

情報がこの目的のために使用されていることを明らかにすることはありません。

個人情報に対するプライバシーと管理は個人から取り除かれ、消費者行動とデータ分析が必要な企業に販売されています。

これらのデータブローカーは、基本的に透明性が欠如しているため、正式で信頼できるデータソースへのアクセスが制限されています。

これらは、データセット内で50%の低い精度でデータを生成します。

Biotronは、個々のユーザーが個人情報を完全かつ独立して管理し、その価値を定義するプロセスに参加するのを支援することに重点を置いています。

Biotronは、行動やデータ分析の研究に携わる企業にとって、個人データの中で最も正確で実用的な洞察を提供します。

データの収集と処理の仲介者を排除することで、マーケティング、商業、研究、イノベーションの意思決定が強化されます。

さらに、Biotronはブロックチェーン技術を使用して関連する法的リスクを制限し、プロセスを合理化しています。

私たちの目標を達成するために、Biotronは、ユーザーが許可し、収益を共有するデータ分析プラットフォームを構築しています。

ユーザーデータは収集され、分析され、一連の分析に保存され、利害関係者が購入することができます。

スマートコントラクトが作成され、購入された分析で参加したユーザー間で収益が確実に分配され、Biotronは委任されます。

われわれは最も正確なユーザー分析を提供し、組織がブロックチェーンの透明性を享受しながら、適時かつ正確な意思決定を行うのを支援することを目指します。

チーム すべてを見る

Pavol Magic
Pavol Magic
CEO
Peter Dendis
Peter Dendis
CMO & Co-Founder
Slavomir Kubacka
Slavomir Kubacka
CTO & Co-Founder
Martin Smolka
Martin Smolka
COO
Pierre Charvet
Pierre Charvet
Head of Business Development
Peter Sima
Peter Sima
Head of Digital

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。