Datavlt - ブロックチェーンで保護された最前線のデータ分析

DATAVLTは、オンデマンド型のデータ分析プラットフォーム(人工知能と予測学習の支援)で、企業がよりスマートなビジネス上の意思決定を行うことを可能にし、ブロックチェーンを通じて企業の内部機能コストを効率的かつ安全に強化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DVT
開始日時
2017-12-04
終了日時
2017-12-16
最高目標
120,000 ETH
初回価格
1 ETH = 7500DVT
トークン供給数
120,000,000
公式サイトへ Owner of Datavlt?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

DATAVLTは、人工知能によってサポートされているブロックチェーン技術を活用したデータ分析を提供することにより、中小企業に手ごろな価格のビジネスインテリジェンスをもたらすことを目指しています。アカウンティングと監査が可能な不変の安全なデータ処理を意味します。

DATAVLTデータ分析プラットフォームは、ビジネスパフォーマンス分析だけでなく、予測的学習機能を使用して、傾向およびシナリオベースの結果の予測も提供します。

DATAVLTプラットフォームは、ビジネス・オーナーに貴重な情報を提供し、ビジネス戦略、顧客調査、顧客保持、販売予測、クロスセリング、マーケティング、セグメンテーション、生産、能力計画などの分野で意思決定を可能にします。

この時代では、市場の動向を正確に予測し、絶え間なく変化する消費者と顧客のニーズに応えることが、持続可能なビジネス成長を築く鍵となります。意味のある分析されたデータは、この巧妙な経済の中で競争よりも先にステップを考える必要があるため、将来生き残りを望む企業または組織の生命線でなければなりません。

チーム すべてを見る

Benny Low
Benny Low
Michelle Yeo
Michelle Yeo
Willy Wong
Willy Wong
technical team management
Irene Weng
Irene Weng
accomplished Chartered Accountant
Dr. Benjamin Seah
Dr. Benjamin Seah
deeply experienced data and computer science collegiate
Patrick Lai
Patrick Lai
full stack Systems Developer

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。