Allbebet - スポーツのサービスにおけるニューロインテリジェンス

Allbebetは、スポーツおよびゲーム業界のインフラストラクチャプロジェクトです。 ニューラルネットワーク、機械学習アルゴリズム、ブロックチェーンを使用して、スポーツで高い成功率を達成できるように設計されています。 Allbebetの開発は、スポーツ、ゲーム、賭博業界の何百万人もの人々を結びつけるAIとブロックチェーンテクノロジーに基づいたビジネスモデルの作成です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ALB
開始日時
2019-08-26
終了日時
2019-08-27
初回価格
0.0144 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Allbebet?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 5% - 5%

概要

コアビジネスは次のとおりです。

  • プレーヤーの相互作用のパラダイムを変更する。
  • スポーツのトレーニングプロセスの最適化と改善。
  • 分析、統計、予測のために、選手の単一の仮想データベースを作成する。
  • ニューロインテリジェンスとブロックチェーンを使用した手頃な価格の製品の作成。

ALLBEBET.BET

これは、人々が直接賭けをするeスポーツアプリです。

既存のブックメーカーのビジネスモデルへのブロックチェーンテクノロジーの採用により、ユーザーとその資金が第三者によって管理されていない環境を構築することができました。システム内の操作はALBトークンで行われます。これにより、外力から身を守ることができます。

ALLBEBET.ANALYTICS

スポーツイベントのインテリジェントな分析および予測サービス。

Allbebet.Analyticsは、さまざまなレベルの複雑さの人工知能アルゴリズムを使用してイベントを予測します。プロセスを自動化し、人的要因を排除することで、予測の精度とサービス能力を大幅に向上させることができました。

ALLBEBET VIRTUAL SPORTS TRAINER

チームのパフォーマンスを向上させるインタラクティブな仮想トレーナー。

チームスポーツのインタラクティブなトレーニングシステムにより、プレーヤーは新しいレベルのプレーを楽しむことができます。ハードウェアとソフトウェアのソリューションに基づいたデータマイニングシステムは、トレーニングとプレイ、オーバートレーニング、回復プロセス、特定の品質の発達の素因を分析し、ゲーム内のプレイヤー間の相互作用を予測するのに役立ちます。

ALLBEBET NEWS

機械学習と人工知能法に基づくオリジナルテキストコンテンツテクノロジー。 Allbebet.News製品は、ブロガー、ニュースポータル、関心のあるコミュニティ向けのスポーツニュースコンテンツを生成するための革新的なアプローチです。

ALLBEBET - MLVISION

コンピューターおよびマシンビジョンシステムにより、ビデオ信号処理を通じて詳細な情報をオンラインで取得できます。ビデオシーケンスデータは、主に手動で収集、準備、およびマークされます。つまり、プロセスにはいくつかの困難が伴います。 ALLBEBET MLVISIONソリューションはわずかに異なるアプローチを使用しており、以前は人しかできなかったプロセスを自動化できます。

チーム すべてを見る

Raman Dolny
Raman Dolny
CEO
Dmitry Yakimovich
Dmitry Yakimovich
COO
Alexandr Melushev
Alexandr Melushev
CTO
Dmitriy Efimov
Dmitriy Efimov
Head of Machine Learning
Vladimir Golovko
Vladimir Golovko
Professor. Head of predictive analysis Department
Sergei Bezobrazov
Sergei Bezobrazov
PhD, Associate Professor. Head of Department of designing of neural networks

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗