all about me - ブロックチェーン時代のソーシャルネットワーク

ビットコインの利点を組み合わせたブロックチェーン時代のソーシャルネットワークは、ユーザーに報酬を得る機会を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
ME
開始日時
2017-12-29
終了日時
2018-03-07
最低目標
25,000,000 USD
初回価格
1 ME = 0.014
トークン供給数
7,000,000,000
公式サイトへ Owner of all about me?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

我々は根本的にソーシャルネットワークにおける広告掲載や表示の原則を変えました。

  • allabout.meそれぞれの利用者のアカウントは広告スペースとなり、利用者のフォロワーズは利用者の個人広告対象オーディエンスとなります。
  • 広告は、普通のソーシャルネットワークと違って、直接に広告主からではなく利用者の名義でそのプロファイルから流されます。
  • 利用者は、広告主が支払った広告の表示ごとに50%までの報酬を受けます。
  • 全てのプロセスは完全に自動化され、利用者からさらなる行動を一切要しないことになっています。

allabout.me ソーシャルネットワークで時間を過ごすだけで、さらなる努力を尽くさないで報酬を受けるという何百万人もの人間の夢をかなえます。

チーム すべてを見る

VITALY ARTEMYEV
VITALY ARTEMYEV
CEO
RUSLAN ZHULDUZBAYEV
RUSLAN ZHULDUZBAYEV
CTO
LEONID KHOKHICH
LEONID KHOKHICH
CFO
ANASTASIA KUTYREVA
ANASTASIA KUTYREVA
Marketing specialist
ANATOLY DEMIDOVICH
ANATOLY DEMIDOVICH
Team Leader Backend
ALEXANDER ZDOROV
ALEXANDER ZDOROV
Backend Developer

人気STO/ICO記事

  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ