WorkChain.ioは、給与を受け取る人が仮想通貨を稼ぐことを可能にすることを目指しています。 私たちは、作業が終わった瞬間に、労働者が給与に即座にアクセスできるようにします。 すべての人に真の財務管理を提供するのは、彼らの利益になる。 また、作業全体を自動化してブロックチェーンの給与チェックを行うことで、雇用者の給与処理時間とコストを削減します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WATT
開始日時
2018-12-15
終了日時
2019-01-15
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of WorkChain.io?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

WorkChain.ioは分散型ブロックチェーンベースの公的元帳で、従来の低速な給与計算サイクルをリアルタイムの仮想通貨給与計算に置き換えます。 WorkChain.ioは、統一された不変の検証済みの作業記録と支払い記録を作成することで、給与計算のすべてのステップを作業完了から支払いまでのシンプルで効率的なフローに結びつけ、新しいエコシステムを構築するフレームワークを作成します。

労働者にとっては、オンデマンドでの収入を得ることができます。雇用者にとっては、効率的で費用対効果の高い先進的な自動給与管理ソリューションを提供し、サードパーティのプロセッサーや銀行に依存しなくなります。

WorkChain.ioは、世界の動向と同期して、給与計算をリアルタイムで行うことを目指しています。ブロックチェーン技術と検証された仕事のアイデンティティーと記録を使用して、プラットフォームは雇用者の給与計算を自動化し、従業員は自分の仕事を完了するとすぐに賃金を受け取ることができます。このプロセスでは、第三者への依存を終わらせ、手数料や遅延を取り除き、よりアクセスしやすい貸出機会を開きます。

チーム すべてを見る

Vladimir Cvejanovic
Vladimir Cvejanovic
Chief Technical Officer
Blake Miner
Blake Miner
Marketing Director
Sebastian Kipman
Sebastian Kipman
Communications Director
Nolan Fyfe
Nolan Fyfe
Strategy & Investor Relations
Ruslan Heller
Ruslan Heller
Project Director
Teodora Orestijević
Teodora Orestijević
Community Manager

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常