Whyral - ソーシャルメディアマーケティングの変革

AIベースの分散インフルエンサーマーケティングとインフルエンサー評価プラットフォーム

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WRL
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-05-31
最低目標
4,500 ETH
最高目標
17,642 ETH
初回価格
1 WRL = 0.000214 ETH
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of Whyral?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率69%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

WhyralはブロックチェーンベースのAIベースの分散型ソーシャルメディアインフルエンサー市場およびインフルエンサー評価プラットフォームです。 ブランドとソーシャルメディアのロックスターを結ぶプラットフォーム。

Whyralには強力なAIエンジンが搭載されており、インフルエンサーのソーシャルメディアのプロファイルを評価し、AlexaがWebサイトを評価するように。 スマート・アナリティクスとスマート・コントラクトは、信頼必要ないエコシステムを生み出すことでROIを正当化し、ブランドとインフルエンサーの両方の透明性を生み出すために、プラットフォームに力を発揮します。

チーム すべてを見る

Nikolay Shkilev
Nikolay Shkilev
Co-Founder, Top ICO Advisors
Roger Crook
Roger Crook
Ex-CEO, DHL
Amarpreet Singh
Amarpreet Singh
Top 10 Global ICO Advisor
David Drake
David Drake
Chairman at LDJ Cayman Fund Ltd.
Vladimir Nikitin
Vladimir Nikitin
Co-Founder, Top ICO Advisors
Sameer Gupta
Sameer Gupta
Ex-CFO, HCL Infosystems

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗