WankCoin - アダルトエンターテイメントのトークン

2014年2月に発売されたWankCoinは、大人が個人情報にアクセスされることなく、成人向け製品を法的に購入する方法として作られました。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
WKC
初回価格
1 WKC = 0.02 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of WankCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    ビットコイン狂乱の間に立ち上がった他の暗号通貨企業とは異なり、WankCoinはすでに最も古い、最も信頼できる暗号トークンです。これは、WankCoinが2014年に始まり、過去5年間でオンラインで最も人気のある大人のサイトの数百の有効な支払い形態になっているからでもあります。

    これは、すでに使用されている通貨であり、公正な使用の歴史と、それが業界標準になるのを助ける非常に経験豊富な技術専門家チームもいます。ホワイトペーパー、WankCoinの技術仕様は、あなたの投資にふさわしいユニークな系統を提供し、5年以上にわたる継続的な使用は、大人のエンターテイメントに関しては、間違いなく重要であることを再度証明しています。

    WankCoinについて

    エンタテインメント、オンライン決済処理、ビデオエンコーディング、VRプロダクション、アプリケーション開発、CPA広告ネットワークなどの関連分野で、最先端の技術と進歩を遂げる20年以上の経験を持つWankCoinチームは、非常に肯定的な結果でオンラインビジネス界の問題を解決します。 2013年には、成人向けエンターテイメント業界のすべての決済ファシリテーターが日々の業務の一部として対応していたという困難を認識しました。銀行は業界の顧客との取引を拒否し、クレジットカード協会は業界を厳しく扱い、代替支払いソリューションは取引を処理するために最大35%の手数料を請求し、以前はこれらの課題を解決しようとしていた多くの企業は、数ヶ月と続かなかった。

    チーム すべてを見る

    David Singh
    David Singh
    CRYPTO PIONEER - Industry Expert
    Bradley Phillips
    Bradley Phillips
    BUSINESS DEVELOPMENT
    Luther Duncan
    Luther Duncan
    LEAD DEVELOPER
    Susan Villalobos
    Susan Villalobos
    COMPLIANCE SPECIALIST
    Michael Brimley
    Michael Brimley
    DESIGNER
    Steve Bennett
    Steve Bennett
    MARKETING MANAGER

    人気STO/ICO記事

    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
    • QtumがCoinCheckで取引可能に

      国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
    • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

      ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )