Unification - 企業向けにカスタマイズしたパブリック/プライベートブロックチェーンエコシステム

WRKChainの実用的な実装のためのツール、ソリューションおよびサポートを提供することに専念している商業コンサルティング会社。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
UND
最高目標
400,000 USD
初回価格
0.0500 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Unification?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

解決しようとしている問題の背景を説明するには、Unificationは「第2層」プロトコルとして始まったことを理解する必要があります - エンタープライズコンサルティングとソフトウェア開発のコアチーム集団経験により、企業は自分のデータを標準化/トークン化し、それを液体形式で配置してブロックチェーンで購入/販売/転送することができます。私達が構築していたものは「セクシー」ではなく、むしろそれは非常に有利な、しかし企業の将来的な必要性とデータの将来を満たすことでした。    1年の大半をコードベースの開発と初期の企業への働きかけ - その後の現実の検証にかけて、実際には、「仕事」をしようとしているあらゆる種類の大企業にとって機能的な方法で機能する「第1層」がなかったとき、機能的な「第2層」を作成することは不可能であることが明らかになりました。    「仕事」とは日々の平凡なことを意味します - 時には数千/数万/数百万で起こり、直接的な金銭の獲得/損失/トークンと直接関連しないスマートコントラクトの自動実行。ETHやEOSなどの初期のコンセプトチェーンは2017 - 18年に注目を集め、物事は「どうあるべきか」というビジョンを打ち出しました。しかし、現在の技術的な制約が単一のブロックチェーンによって検証されます。    企業側から近づいてきたソリューションのもう一方の側は、CordaやHyperledgerなどの製品で提案されているように、完全にプライベートな「コンソーシアム」ブロックチェーンの展開でした。 “ linux / redhat”モデルに基づいて構築されています - そのアイデアは、“便利なことをする”オープンソースソフトウェアを作成し、そして実装と保守のためにコンサルティングの代金を請求することでした。バリデータの必要量が(n)であるため、これは「スケーラビリティ」の問題を効果的かつ即座に解決します。デプロイヤが決定したものは何でも、バリデータによって許可されたトランザクションのみがネットワーク上で許可されます。    これらの完全に「プライベートな」実装は理論的には有用であることを意味します - しかしユースケースによっては、誰かが「私たちはブロックチェーン上にいる」と言うことができるように時々賛美されたデータベース以外のものに規制することができません。

チーム すべてを見る

Neyma Jahan
Neyma Jahan
CEO
Paul Hodgson
Paul Hodgson
CTO
Maziar Sadri
Maziar Sadri
CPO
Larry Gandt
Larry Gandt
Business Development
Indika Piyasena
Indika Piyasena
Architect
Ryan Getz
Ryan Getz
Operations

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)