UltrAlpha - デジタル資産管理の将来の成長をサポートする革新的で包括的なサービスプラットフォーム

UltrAlpha Platformは、最上位のすべてのデジタル資産取引所およびブローカーとの深い戦略的コラボレーションに基づいて、投資家に高品質の資産管理製品を選択するためのプロフェッショナルな投資サービスプラットフォームを提供するとともに、トレーディングチームと暗号ファンドの資金調達ニーズを効果的にサポートするよう努めています。さらに、プラットフォームは、取引チームとファンドに幅広いファンド管理サービスを提供します。これには、アカウント管理、パフォーマンス監査、PLレポート、資産振替などが含まれますが、これらに限定されません。 我々のミッションは、デジタル資産取引および投資エコシステムの構造的最適化をサポートすることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
UAT
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of UltrAlpha?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

UATプラットフォームは、投資家に高品質のデジタル資産投資商品を幅広く提供することを使命とするプロフェッショナルなデジタル資産管理サービスプラットフォームです。

資産管理チームに提供するUATプラットフォームの包括的なサービス:

  • すべてのプロな資産管理およびトレーディングチームと連携して、投資商品の発売を調整します。
  • すべての投資商品を最上位のデジタル資産交換または取引プラットフォームに公開します。
  • アカウント管理、パフォーマンス監査、PLレポート、その他のさまざまな管理管理サービスに至る一連のプロなファンド管理サービスを資産管理チームに提供します。

投資家に提供するUATプラットフォームの包括的なサービス:

  • アセットマネジメントファンドで独立したデューデリジェンス(「DD」)を実施し、リクエストごとにDD結果を公開します。
  • クライアントの資産を保護するために、各投資商品にウォレット管理サービスを提供します。
  • 各投資商品のファンドパフォーマンス監査とPLレポートを実施します。
  • 投資家は、プラットフォーム上のUATトークンを利用して、照会、転送、償還、およびその他の管理運用サービスに使用できます。
  • UATプラットフォームの活動はサポートおよびサービスの性質を持ち、取引チーム/資金を最終顧客と接続することのみに制限され、資金/証券管理、財務アドバイザリー、投資、証券取引、入金または銀行業務を実行しません。顧客とのすべての取引において、契約元本として機能することはありません。

チーム

Han Liu
Han Liu
CEO
Christina Jin
Christina Jin
CMO
Qing Xu
Qing Xu
COO

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である