Ubex - 人工知能広告で

Ubexはグローバル分散化アドエクスチェンジ。企業が効果的に宣伝しながら、発行者はリソースの広告スロットを有益にトークン化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UBEX
開始日時
2018-05-21
終了日時
2018-09-30
最低目標
4,000 ETH
最高目標
28,800 ETH
初回価格
1 UBEX = 0.00001 ETH
トークン供給数
2,880,000,000
公式サイトへ Owner of Ubex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率72%
KYCKYC
参加不可地域USA, North Korea, Iran
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1 - 20%
  • Week 2 - 18%
  • Week 3 - 16%
  • Week 4 - 14%
  • Week 5 - 12%
  • Week 6 - 10%
  • Week 7 - 8%
  • Week 8 - 6%
  • Week 9 - 4%
  • Week 10 - 2%
  • Week 11-19 - 0%

概要

広告主のオファーと発行者のウェブサイトの相互作用を自動化

ニューラルネットワークと蓄積データを用いて、いかなる時間においても時間通りに特定の ユーザーに最も関連性のある広告コンテンツを選択し、望ましい結果を得る可能性を最大限にします。

仲介業者を省くことで、コミッションを大幅に減らす

すべてのタイプのトラッキングにスマートコントラクトを適用して、広告主と発行者間のすべての間接的リンクを削除するので、提携の経済効果が増します。

発行者に広告スロットトークン化の機会を作る

取引所内で広告ウェブサイトと参加者から利用できるすべての統計を利用することで、見込みの所得を予測し、評判が十分であればあらかじめ予測を収集する機会を提供します。

プラットフォーム参加者評判評価の多層システムの開発

広告主および発行者の評価システムを実施。運営の全履歴と一緒にブロックチェーンに保存され、詐欺を防いで最も信用に当たりするパートナーとの取引のメカニズムを可能にします。

チーム すべてを見る

Artem Chestnov
Artem Chestnov
CEO and Co-founder
Daniel Biesuz
Daniel Biesuz
Ubex Head of Legal and Co-founder
Dan Gartman
Dan Gartman
CTO
Andrew Rippon
Andrew Rippon
COO
Kathrin Anthony
Kathrin Anthony
Head of Global Sales
Cooz Komei Tokita
Cooz Komei Tokita
Director Business Development

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[