Tycoon - ソーシャル暗号取引。 シンプルに

Tycoonは、プロのトレーダーとエンドユーザーの間の安全なインターフェイスとして機能します。 トレーダーのすべてのアクティビティは、セキュリティで保護されたAPI接続を介してリアルタイムで監視され、フォロワーのポートフォリオに自動的にコピーできます。 各ユーザーは好みの取引所で自分の投資を管理し、いつでもポートフォリオにアクセスできます。 フォロワーは、ボリュームの一部を選択した各トレーダーに自由に割り当て、個々のストップロスを設定できます。 複数のトレーダーを選択すると、投資を多様化してポートフォリオ管理を最適化できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Tycoon Token / TYC
開始日時
2019-07-22
終了日時
2019-11-30
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
84,000,000
公式サイトへ Owner of Tycoon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

拡大し続けるさまざまな暗号通貨を探索し、コミュニティのプロのトレーダーから基礎資産を自動的にコピーします。ポートフォリオを構築し、最大の取引所のセキュリティと利点を1か所でお楽めます。

投資をコピーする

フォロワーは、未知の第三者機関に投資を委託することなく、プロのトレーダーから投資戦略をコピーできます。

分類されたトレーダー

トレーダーはさまざまな特性に従って分類され、フォロワーが希望する方法でソートできます。

フォロワーの機密性

フォロワーには、プラットフォームで匿名で操作するオプションもあります。

利益フォロワー

成功したトレーダーはフォロワーから利益を得ることができ、投資を自分で管理する必要はありません。

追加の労力なし

トレーダーは、追加の労力をあまりかけることなく、フォロワーからの投資利益率に比例して利益を得ます。

プライバシー保護

すべてのユーザーには、プライバシーを保護するためにエイリアスを使用するオプションがあります。

チーム すべてを見る

Hakan Turgut
Hakan Turgut
Principal Chief Executive Officer
Serdar Bisi
Serdar Bisi
Chief Executive Officer
Semira Keklik
Semira Keklik
Chief Operating Officer
Pedro Merkl
Pedro Merkl
Chief Innovation Officer
Moritz Böhler
Moritz Böhler
Marketing executive
Michael Trossowski
Michael Trossowski
Head of Support

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本