Truegame - スマートコントラクトベースの勝負事

コミュニティから非常に肯定的なフィードバックを受け取った完全に機能するiGamingプロジェクトを持つ最初のICOです。 Truegameは本当にユニークなiGaming商品です。ユーザーは既に12種類以上のゲーム(スクラッチカード、賞品抽選、宝くじ、ギフトボックスなど)をプレイしています。 私たちは24時間以内に私募のラウンドを締め切り、さらに資本を拒否しました。 ギャンブル業界の専門家チームとともに製品を発表しました。実証済みでスケールアウトと市場拡大の準備が整いました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TGAME
開始日時
2018-03-05
終了日時
2018-04-15
最低目標
2,000,000 USDT
最高目標
9,000,000 USDT
トークン供給数
210,000,000
公式サイトへ Owner of Truegame?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Truegameは、2017年に完全に機能するスマートコントラクトベースのiGamingプラットフォームとして発売されました。私たちはコミュニティとフォーカスグループから非常に肯定的なフィードバックを受けました。私たちは24時間以内にプライベートラウンドを締め切りましたが、プロジェクトの完全償還では資金の1つを拒否しました。

私たちは最初の人ではありませんが、ユニークでスケーラブルなアーキテクチャと巨大な成長の可能性を備えた幅広いゲームを提供するブロックチェーンベースの賭博プラットフォームを備えた唯一のものです。私たちは2017年に誇大宣告に基づいてICOを実施していませんでした。代わりに、ユニークな提供物を開発し、フィードバックを収集し、プレーヤーを反復して引き付けました。

実績があることから、スケールアウトと市場拡大の準備が整いました。私たちのチームは、ユーザー獲得、電子メールマーケティング、iGamingトラフィックの生成とプロモーションにおける長年の経験を持つ、優れた開発者、法務、営業、マーケティングの専門家で構成されています。過去に成功したICOをリードしてきた著名なトークン専門家も引き付けました。開発の1年後、我々はあなたにTruegameを提供する準備が整いました。

実績のある実績のあるプロジェクトを選択し、成功への道のりを明確にします。

チーム すべてを見る

Bogdan Fiedur
Bogdan Fiedur
Strategic blockchain consultant
Eduardo Morales-Hermo
Eduardo Morales-Hermo
Strategic iGaming Advisor
Robert Lenzhofer
Robert Lenzhofer
Strategic iGaming Advisor
Esteban van Goor
Esteban van Goor
Strategic blockchain and ICO consultant
Benjamin Föckersperger
Benjamin Föckersperger
Strategic iGaming Advisor
Arvind Upadhyay
Arvind Upadhyay
Strategic iGaming Advisor

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ