Triffic - 地図上にブロックチェーンを置く

Trifficは、場所への移動、バウチャーの償還、商品の販売、ホテルやタクシーの予約などのアクションを実行することで、ユーザーがエア・マイルのようなロイヤリティ・ポイントを獲得できるようにするゲーム化ナビゲーション・アプリです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GPS
開始日時
2018-09-03
終了日時
2018-09-30
最低目標
100,000 USD
最高目標
16,000,000 USD
初回価格
1 GPS = 0.20 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Triffic?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームArdor
タイプUtility
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域United States
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale Week 1: 2 - 8 July 2018 - 0.12 USD
  • Pre-sale Week 2: 30 July - 12 August 2018 - 0.16 USD
  • Founders Sale: 2 July - 30 September 2018 - 0.08

概要

Trifficは日常生活ために仮想通貨をあなたに与えるゲーム化されたGPSアプリケーションです。Ardorブロックチェーン上で実行され、場所への移動、バウチャーの償還、商品の販売、ホテルやタクシーの予約などの操作を実行することで、ユーザーは「GPSトークン」というロイヤリティポイントを獲得できます。また、ビジネスオーナーは、Google AdWordsなどの既存の方法よりも魅力的な方法で、サービスを促進したり、自社の製品を真に地域の顧客に販売する画期的な方法を提供します。 Trifficは、一般的に空の旅に関連するロイヤルティ報奨制度を採用し、地元の企業と新しい顧客を簡単に結びつけるエコシステムを作り出すためにそれらをうまく適用し、アプリユーザーが単に旅行することで報酬を得ることを可能にします。

私たちは毎月の広告収入の50%で公開市場からGPSトークンを購入する予定です。次に、これらのトークンの85%が、1000個以上のGPSトークンを持つウォレット所有者に配布されます。残りの15%は焼却され、したがって循環から除去されます。

ブロックチェイン技術はゲームチェンジャーだと考えていますが、仮想通貨は氷山の先端に過ぎないとも考えています。ブロックチェーンの真価は、財務以外の業界でも感じられます。私たちは、世界の誰でもアクセス可能な次世代の使いやすい分散アプリケーションを開発し、育成することで、活用する立場にあります。ほとんどのブロックチェーン企業とは異なり、当社の価値は不安定な取引市場の変動に基づくものではありません。代わりに、健全なビジネスモデルを備えた驚くべき製品を作成し、最も効果的なパートナーシップを作り、ユーザーに耳を傾けて伝統的な方法で価値を創造します。

チーム すべてを見る

James Malach
James Malach
CEO
Christian Wallace
Christian Wallace
COO
Alex Shepherd
Alex Shepherd
CTO
Nirmalsingh Rathod
Nirmalsingh Rathod
iOS Developer
Justin Light
Justin Light
Project Manager
Joseph Nehorai
Joseph Nehorai
Advisor

人気STO/ICO記事

  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckの口コミ

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。また、2019年11月には国内で初めてCoincheckでステラルーメン(XLM)の取り扱いが開始され、注目を浴びました。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。
  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。