Triffic - 地図上にブロックチェーンを置く

Trifficは、場所への移動、バウチャーの償還、商品の販売、ホテルやタクシーの予約などのアクションを実行することで、ユーザーがエア・マイルのようなロイヤリティ・ポイントを獲得できるようにするゲーム化ナビゲーション・アプリです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GPS
開始日時
2018-09-03
終了日時
2018-09-30
最低目標
100,000 USD
最高目標
16,000,000 USD
初回価格
1 GPS = 0.20 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Triffic?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームArdor
タイプUtility
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域United States
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale Week 1: 2 - 8 July 2018 - 0.12 USD
  • Pre-sale Week 2: 30 July - 12 August 2018 - 0.16 USD
  • Founders Sale: 2 July - 30 September 2018 - 0.08

概要

Trifficは日常生活ために仮想通貨をあなたに与えるゲーム化されたGPSアプリケーションです。Ardorブロックチェーン上で実行され、場所への移動、バウチャーの償還、商品の販売、ホテルやタクシーの予約などの操作を実行することで、ユーザーは「GPSトークン」というロイヤリティポイントを獲得できます。また、ビジネスオーナーは、Google AdWordsなどの既存の方法よりも魅力的な方法で、サービスを促進したり、自社の製品を真に地域の顧客に販売する画期的な方法を提供します。 Trifficは、一般的に空の旅に関連するロイヤルティ報奨制度を採用し、地元の企業と新しい顧客を簡単に結びつけるエコシステムを作り出すためにそれらをうまく適用し、アプリユーザーが単に旅行することで報酬を得ることを可能にします。

私たちは毎月の広告収入の50%で公開市場からGPSトークンを購入する予定です。次に、これらのトークンの85%が、1000個以上のGPSトークンを持つウォレット所有者に配布されます。残りの15%は焼却され、したがって循環から除去されます。

ブロックチェイン技術はゲームチェンジャーだと考えていますが、仮想通貨は氷山の先端に過ぎないとも考えています。ブロックチェーンの真価は、財務以外の業界でも感じられます。私たちは、世界の誰でもアクセス可能な次世代の使いやすい分散アプリケーションを開発し、育成することで、活用する立場にあります。ほとんどのブロックチェーン企業とは異なり、当社の価値は不安定な取引市場の変動に基づくものではありません。代わりに、健全なビジネスモデルを備えた驚くべき製品を作成し、最も効果的なパートナーシップを作り、ユーザーに耳を傾けて伝統的な方法で価値を創造します。

チーム すべてを見る

James Malach
James Malach
CEO
Christian Wallace
Christian Wallace
COO
Alex Shepherd
Alex Shepherd
CTO
Nirmalsingh Rathod
Nirmalsingh Rathod
iOS Developer
Justin Light
Justin Light
Project Manager
Joseph Nehorai
Joseph Nehorai
Advisor

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗