Atlas Tokens - 永遠に失効しないブロックチェーンのロイヤルティ報酬ポイント

企業と小売業者を結び付ける、ブロックチェーンのデジタル即時報酬決済プラットフォームを構築しました。 その結果、ユーザーは自分のロイヤルティポイント、ギフト券、および暗号通貨を使用して、オフラインの小売店やオンラインサービスプロバイダで商品を引き換えることができます。 alaTokenは、安全で透明性のあるすべての償還および支払いのための媒体です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ATLA
開始日時
2019-07-01
終了日時
2019-09-07
最低目標
16,000,000 USD
最高目標
21,000,000 USD
初回価格
0.0500 USD
トークン供給数
420,000,000
公式サイトへ Owner of Atlas Tokens?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

2015年から中国でB2Bデジタルクーポン引換サービスプロバイダ事業を開始しました。私たちの使命は、ロイヤリティポイントとギフト券を通貨のように使えることです。その結果、alaDing(阿拉订)と呼ばれる償還および決済プラットフォームが、モバイルインターネット技術を使用して開発され、ユーザーは空の下でほとんど何でも償還することができます。ブロックチェーンが優れたテクノロジとして出現してきたため、プラットフォームをアップグレードして、Atlasプロジェクトが誕生しました。    Atlasプラットフォームは、銀行、保険会社、通信会社、航空会社などの企業からのさまざまなロイヤルティポイントおよびギフト券をすべてまとめたものです。同時に、オフライン小売業者のPOS(Point of Sales)システムおよびオンラインサービスプロバイダと統合します。オフライン小売業者には、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、店舗チェーンなどが含まれ、オンラインサービスプロバイダには、オンラインストア、携帯電話のトップアップなどの付加価値サービス、公共料金、発券、交通罰金などが含まれます。    Atlasデジタルバウチャーを通じて、企業のユーザーは自分のロイヤルティポイントとギフト券を使用して、オフラインとオンラインの両方の商品やサービスを引き換えることができます。私たちの強みは、オンライン商品が届くのを何日も待つのと比較して、即座に満足が得られるコンビニエンスストアとスーパーマーケットにあります。    この事業は急速に成長しており、最近では毎月約400万ドル(4億3千万円)の収入に達しています。これは、2015年の月収約206,000ドル(2千2百万円)とは対照的です。

チーム

Lee Kia Hwee
Lee Kia Hwee
CEO & Founder
Mark Ng
Mark Ng
COO
Lisa Lee
Lisa Lee
Finance Director
Xiaocheng Geng
Xiaocheng Geng
CTO
Felix Chu
Felix Chu
CMO

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: