Atlas Tokens - 永遠に失効しないブロックチェーンのロイヤルティ報酬ポイント

企業と小売業者を結び付ける、ブロックチェーンのデジタル即時報酬決済プラットフォームを構築しました。 その結果、ユーザーは自分のロイヤルティポイント、ギフト券、および暗号通貨を使用して、オフラインの小売店やオンラインサービスプロバイダで商品を引き換えることができます。 alaTokenは、安全で透明性のあるすべての償還および支払いのための媒体です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ATLA
開始日時
2019-07-01
終了日時
2019-09-07
最低目標
16,000,000 USD
最高目標
21,000,000 USD
初回価格
0.0500 USD
トークン供給数
420,000,000
公式サイトへ Owner of Atlas Tokens?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

2015年から中国でB2Bデジタルクーポン引換サービスプロバイダ事業を開始しました。私たちの使命は、ロイヤリティポイントとギフト券を通貨のように使えることです。その結果、alaDing(阿拉订)と呼ばれる償還および決済プラットフォームが、モバイルインターネット技術を使用して開発され、ユーザーは空の下でほとんど何でも償還することができます。ブロックチェーンが優れたテクノロジとして出現してきたため、プラットフォームをアップグレードして、Atlasプロジェクトが誕生しました。    Atlasプラットフォームは、銀行、保険会社、通信会社、航空会社などの企業からのさまざまなロイヤルティポイントおよびギフト券をすべてまとめたものです。同時に、オフライン小売業者のPOS(Point of Sales)システムおよびオンラインサービスプロバイダと統合します。オフライン小売業者には、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、店舗チェーンなどが含まれ、オンラインサービスプロバイダには、オンラインストア、携帯電話のトップアップなどの付加価値サービス、公共料金、発券、交通罰金などが含まれます。    Atlasデジタルバウチャーを通じて、企業のユーザーは自分のロイヤルティポイントとギフト券を使用して、オフラインとオンラインの両方の商品やサービスを引き換えることができます。私たちの強みは、オンライン商品が届くのを何日も待つのと比較して、即座に満足が得られるコンビニエンスストアとスーパーマーケットにあります。    この事業は急速に成長しており、最近では毎月約400万ドル(4億3千万円)の収入に達しています。これは、2015年の月収約206,000ドル(2千2百万円)とは対照的です。

チーム

Lee Kia Hwee
Lee Kia Hwee
CEO & Founder
Mark Ng
Mark Ng
COO
Lisa Lee
Lisa Lee
Finance Director
Xiaocheng Geng
Xiaocheng Geng
CTO
Felix Chu
Felix Chu
CMO

人気STO/ICO記事

  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予