Treon - 公共料金の支払いに仮想通貨の革命をもたらす

Treonは、世界中の消費者が安全かつシームレスに電気通信、エネルギー、水の使用量を簡単に管理し、支払いできるような新しい「ユーティリティトークン」です。統合されたダッシュボードでは、消費者は画面で消費量を更新し、ワンクリックプロセスでTreonトークン(TXO)、他の仮想通貨または法定通貨で即座に料金を支払うことができます。TXOを支払うことで、消費者は好みの消費単位で償還することができるロイヤリティポイントを消費者に与えることになります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TXO
開始日時
2018-05-21
終了日時
2018-06-17
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 TXO = 0.11 USD
トークン供給数
429,700,000
公式サイトへ Owner of Treon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率43%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 21st May - 3rd June - 30%
  • 4th June - 17th June - 25%
  • 18th June - 27th Jule - 7%

概要

Treon(TXO)はイーサリアムブロックチェインをベースにした「ユーティリティトークン」であり、電気通信、電気、水、天然ガスなどのユーティリティの使用に対して、消費者が安全にかつシームレスにモバイルウォレットと統合されたダッシュボードを通じて購読されている公益企業は、ブロックチェーンを通じて新しい公共料金のエコシステムを可能にします。 家計消費だけで年間2兆ドルを超えるエコシステム。

Treonは、ユーティリティのコンシューマとプロバイダ向けに構築されています。 Treonウォレットアプリケーションは、消費者がユーティリティの使用を管理し、支払うことを可能にします。 Treonはまた、様々なプロバイダー間のユーティリティー契約のシームレスな解決を可能にします。 Treonは、デジタル変換ユーティリティーにとって、ビジネス対消費者とビジネス対ビジネスの両方の強力な触媒を目指しています。

チーム すべてを見る

Hesham El Metainy
Hesham El Metainy
Treon Founder, Strategy
Khaled Khorshid
Khaled Khorshid
Treon Founder, Technology
Mohamed T. Kesseba
Mohamed T. Kesseba
Head of Marketing
Binal Patel
Binal Patel
Head of Technology
Hoda El Kara
Hoda El Kara
Head of Corporate Communications
Miranda Rector
Miranda Rector
Head of Product

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[