Travelflex - 分散化+ソーシャル(SNS) +旅行ネットワークと支払いシステム

Travelflexは完全に新しいDAGベースのアルゴリズムを使用することによって、ビットコインのような他のコインが現在直面しているスケーラビリティの問題を解決することを目的とした新しい暗号通貨です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TRF
開始日時
2017-12-14
終了日時
2018-01-24
調達金額
28,000,000 USD
最低目標
6,000,000 USD
最高目標
28,000,000 USD
初回価格
0.28 USD per TRF coin
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Travelflex?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, DASH, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Early bird Promotion for first 2 weeks - 15% added Coin Bonus

概要

TravelFlexは完全な新しいDAGベースのアルゴリズムを使用することで、ビットコインのような他のコインが直面しているスケーラビリティの問題を解決し、最高の支払いシステムの1つを目指している新しい仮想通貨です。

CXPはお金を好きなように動かす自由をあなたに与えます。昼食をとったり、小切手を分割したり、または請求書を支払うなどなど。 CXPはどこにでも、誰にでも、即座にお金を転送します。 手数料がほぼゼロに。

CaixaPayの私達は、暗号通貨が通常のお金より一つ階級があがったことを信じています。コストを削減しながら取引のスピードを向上させ、より少ない規制と制限でより多くの人々にお金へのアクセスを与え、取引のためのより多くの自由を与えることを意味します。この地球上の誰にでも境界線なしでデジタル価値を送る美しさ。中央銀行や腐敗した政府の許可を得ずに、最も基本的な権利です。

CaixaPayは、これらすべての基準を満たすために作られました - 世界中の人々が使用できるお金のデジタル版になるためです。

CaixaPayはビットコインのような他のコインが現在直面しているスケーラビリティの問題を解決することを目的としている暗号資産です。新しいDAGベースのアルゴリズムを使用することによって、CaixaPayは単なるERC20トークンではありません。

他のすべてのコインの90%とは異なり、CaixaPayは独自のネットワーク上で動作します。 CXPは現在、毎秒約10,000トランザクションの速度があります。これは、ネットワーク上でより多くのユーザーとより多くトランザクションが使用されるにつれて速くなります。

CaixaPayの特典

スケーラビリティ

CXPはDAGとしても知られるBlockchain 3.0を使用します。 ビットコインなどが直面しているスケーラビリティの問題を解決します。

スピード

即時、オンデマンド資金は1秒以内にウォレットに届きます

確実

資金のリアルタイムトレーサビリティとゼロチャージバック

コスト

資金移動の費用は文字通りほぼゼロです。

ロードマップ

2018年第三四半期、DAGアルゴリズムが実装されました。 ScryptアルゴリズムからDAGへの移行が実行されました。

2019年5月、CaixaPayへのブランド変更

2019年7月、CXPを使って世界の主要ブランドのギフトカードを購入

2019年9月、新しいグローバルパートナーシップを築く。 これにより、コインはより受け入れられ、保有者に使用されます。CXPを使用した空港ラウンジ&観光スポットの購入

2019年10月、Woocommerceプラグインローンチは、300万以上のウェブサイトにCXP支払いを受け取る機能を提供します。

2020年、新しい暗号資産取引所。CaixaPay API - より多くの企業がCXPを受け入れやすくする。よりグローバルなパートナーシップの構築に取り組むことで、CaixaPayを受け入れられる支払いの標準にする。CaixaPayゴールドカード発売。

ニュース

2019年5月14日、仮想通貨取引所COINBENEに上場

2019年5月21日、仮想通貨取引所IDAXに上場

チーム

Peter Hoogslag
Peter Hoogslag
CEO
Jim Brouwer
Jim Brouwer
WEB Design and Development
Pavel Capote
Pavel Capote
Communications
Tineke Dekker
Tineke Dekker
Graphic Designer
Yosui Kitahara
Yosui Kitahara
Core Developer

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数