Tokedo - 仮想通貨を主流にする

Tokedo のビジョンは、規模または技術的な背景に関係なく、世界中の中小企業が仮想貨幣とトークン化を利用しやすくすることです。Tokedo は、このビジョンを 3 つの主なツールで達成します。それはトークンクリエイター、ユニバーサルウォレット、そして分散化された取引所(すべて次のページ参照)です。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
TKD
最高目標
78,750 ETH
初回価格
1 TKD = 0.002 ETH
トークン供給数
8,750,709
公式サイトへ Owner of Tokedo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tokedo のビジョンは、規模または技術的な背景に関係なく、世界中の中小企業が仮想貨幣とトークン化を利用しやすくすることです。

大企業ではなく、中小企業こそが各国経済の根幹であり、これらの企業が大部分の雇用を生み出しています。残念ながら、彼らは本来あるべきほどのテクノロジーの恩恵を受けていません。これらの企業は保守的な考え方であることが多く、イノベーションを育むのに十分なリソースが不足しています。

これらの企業をトークン化経済に移行することは、ブロックチェーンと仮想通貨市場のそれぞれにとって大きな飛躍となります。

これはビジネスについてだけではありません。これらそれぞれの企業は小さい規模ながら、忠実な顧客ベースがあり、直接の関係と相互信頼を維持するよう努めます。これらを合わせると、中小企業は大企業よりはるかに大きなコミュニティーに影響を与えています。これらの企業をトークン化経済に取り込むことは、これら企業の顧客の大部分を取り込むことを意味します。

Tokedo は、このビジョンを 3 つの主なツールで達成します。それはトークンクリエイター、ユニバーサルウォレット、そして分散化された取引所(すべて次のページ参照)です。

すべてのツールはオープンで分散化されています。私たちは、当社の潜在的な競合企業を含めて、これらを利用するすべての人々を歓迎します。Tokedo は、ブロックチェーンには皆にスペースがあると信じています。市場が大きくなればなるほど、私たちの利益も大きくなります。

チーム すべてを見る

Giulio Di Sano
Giulio Di Sano
CEO
Gabriele Marazzi
Gabriele Marazzi
CTO
Elisa Giudici
Elisa Giudici
CMO
Chiara Baroni
Chiara Baroni
Director of Communications
Adolfini Asmani
Adolfini Asmani
Junior Developer
Dario Sechi
Dario Sechi
Junior Developer

人気STO/ICO記事

  • 国内取引所 FX・レバレッジ 取引ツールランキング

    DMM Bitcoinは、レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位、上級者も納得の高機能な取引ツール提供しているなど、レバレッジ取引にうってつけの仮想通貨取引所です。★★★★★ レバレッジ対応通貨:7種類(BTC、ETH、XEM、XRP、LTC、ETC、BCH)★★★★★ 通貨ペア:14種類(BTC、JPY)★★★☆☆ レバレッジ手数料 : 0.04%/日 ★★★★☆ アプリ取引ツール : ロウソク足・テクニカル表示あり★★★★☆ レバレッジ対応通貨 :BTC、QASH、ETH、XRP★★★★☆ 通貨ペア:12種類(BTC、ETH、JPY)★★★★☆ レバレッジ手数料 : 0.025%/日
  • 大手ビデオゲーム会社、EAがツイッターで仮想通貨に投資しなさいとコメント

    アメリカの大手ビデオゲーム会社EA(エレクトロニック・アーツ)が公式ツイッターで「invest in Crypto.(仮想通貨に投資しなさい)」とコメントを残した。このツイートは午前2時24分(日本時間)に作成され、午後12時頃の現在、6,000回以上リツイートされている。一部の人たちはEAのアカウントがハッキングされたのではないかと疑っているが、業界の人たちはポジティブな反応を見せた。もし、ハッキングではなければEAの今後の動きが気になるところだ。EAの代表作としてはFIFAシリーズ、NBAシリーズ、シムシティシリーズなどがある。※参照元はで確認できます。<ins></ins>どの取引所を
  • LINEの子会社が運営するBITMAX取引所が本日から運営スタート

    2019年9月6日に金融庁から正式に、認可を受けたLINEのBITMAX取引所が本日(17日)の15時から運営をスタートした。「BITMAX」は、国内で 月間8,100万人以上が利用する「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、ビットコイン(BTC)、 イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨を取り扱う。出金は「LINE Pay」から可能となり、LINEユーザーにとってはハードルが低く、アクセスしやすい。BITMAXは販売所形式の取引所で、現在スマホで利用できる。(Androidのみ)<ins>