Ticko - 簡単に航空券を取得し変更する

TICKO.ioは、航空管理の自動化とTICKO.ioチケット配布システムを組み合わせた、航空業界向けの最初の分散型プラットフォームです。ブロックチェーンのスマートコントラクトを使用することにより、特定の航空機に関する情報を完全な技術概要とスケジュールとともに保存します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TICK
開始日時
2018-04-25
終了日時
2018-07-20
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1,000 TICK = 0.0651 ETH
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Ticko?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, BCH, LTC, DASH, XMR
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

TICKO.ioは、航空業界にとって初めての分散型プラットフォームです。 航空管理の自動化とチケット配布システムを組み合わせています。 このプラットフォームは、一般的な旅客サービスとして機能し、スマートコントラクトを活用して柔軟なソリューションを提供します。

このプロジェクトは、さまざまな企業(Mark&Spencer、Booklet.comなど)で豊富な経験を持つ高いレベルのマネージャーから始めました。 Andrewは、決済ゲートウェイ、ギャンブルプロダクト、KYC / KYBシステム、英国、スペイン、イタリア、アラブ首長国連邦のバンキングソリューションなどのプロジェクトを開発し、実施しました。

チーム

Williams Andrew
Williams Andrew
CEO, Co-founder
Tina Scott
Tina Scott
Marketing Manager
Michael Landon
Michael Landon
Sales and Distribution
Matthew Hussey
Matthew Hussey
Solutions and Distribution
Susan Ashley
Susan Ashley
Technical Deployments
Mark Schnider
Mark Schnider
Business Development

人気STO/ICO記事

  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • イランがミサイルを撃った後、BTCが上昇した理由は?

    イランが「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害への報復としてイラクにある米空軍基地をミサイルで攻撃したことで、国際情勢が不安定になっています。高まる緊張感の中で「原油」、「金」、「BTC」の価格が大きく上昇しました。イランがミサイルを撃った後、ビットコイン(BTC)の価格が上昇した理由は何でしょうか?伝統的に国家間の武力衝突や貿易戦争のような地政学的リスクが勃発すると、お金を持っている資産家たちは財産を守るために「金」などを避難先として選んできました。今回も米国、イランの戦争リスクが高まった後「金」の価格は上昇し2013年以降、高値を更新しています。「金」の価格が上昇することは理解できるが誰も価