Tether - ブロックチェーン上の法定通貨

不換通貨で裏付されたデジタルトークンは個人や組織に、使い慣れた会計ユニットを使用しながら、価値を交換する堅牢で分散された方法を提供します。 ブロックチェーンの革新は、監査可能で暗号で保護されたグローバル元帳です。 アセットバックトークン発行者やその他の市場参加者は、組み込みコンセンサスシステムと同様に、ブロックチェイン技術を利用して、使い慣れた、揮発性の低い通貨や資産で取引することができます。 アカウンタビリティを維持し、為替価格の安定性を確保するために、我々はTetherと呼ばれる仮想通貨とそれに関連する現実世界の資産、法定通貨との間で、オンエトーン準備率を維持する方法を提案します。 このメソッドは、発行されたトークンが完全にバックアップされることを証明するために、ビットコインブロックチェーン、Proof of Reserves、およびその他の監査メソッドを使用します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
USDT
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Tether?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

概要

近年、仮想通貨業界がますます注目を集め、仮想通貨の市場経済も年々増加している傾向にある。基軸通貨として見なされているBitcoinに限らず、その他のアルトコインやトークンの需要も増え続けている。

しかしながら、従来のアルトコインやトークンは価格変動が激しく、非常に不安定なものであった。

そこで価値を安定したものとして保存できるようなトークンが開発された。それがTetherである。

TetherはBitcoinのブロックチェーンを利用したTether Limitedが運営する中央集権型のトークンである。Tetherは、仮想通貨トークン同士の価値の割合を同等なものとして1対1の関係を常時、担保するために作られた。

例えば、1 Tether = 1ドルのような関係性が常時保たれているような関係性である。

サービスの強み

Tetherは、Bitcoinのブロックチェーン、つまりOmni(オムニ) Layerを使用しているため、非中央的であり、透明性が保たれ、かつ第3者が確認可能なためのセキュリティー面でも充実していると言える。 また、1対1の割合で法定通貨とテザーが価値づけられており、市場経済の予測不可能な金融危機による影響が少ない。さらにBitfinex, Poloniex, GoCoinやその他様々な取引所でテザーと暗号通貨を取引することができるようになっており、今後使用できる取引所もますます増えることが予定されている。

その他

テザーの利用方法は、極めてシンプルであり、専用のサイトにて登録を済ませ、ウォレットを使い法定通貨を入金・送金すると、テザーを受け取ることができる。

人気STO/ICO記事

  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部