TerraGreen - ブロックチェーンベースの再生可能エネルギープラットフォーム

TerraGreenは、農林業部門のバイオマス廃棄物を天然資源を介して再生可能エネルギー製品に変換する、マイクロチェーン化されたバイオチェーン廃棄物のブロックチェーンによる試みです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TGN
開始日時
2019-01-21
終了日時
2019-05-02
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
11,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
108,000,000
公式サイトへ Owner of TerraGreen?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate blockchain
タイプOwn
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, ETC, BCH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    より多くの人々が、再生可能エネルギー資源を通じてエネルギー世代を受け入れる必要性を認識しています。しかし、現在の市場シナリオでは、主に供給、技術、および金融分野のボトルネックが原因で、再生可能エネルギー産業の成長を急速に進めることはできません。そのため、TerraGreenプラットフォームは、すべての関係者を共通のプラットフォームに参加させることで、すべてのボトルネックを軽減し、より簡単かつ経済的にすることを想定しています。

    ブロックチェーンベースの再生可能エネルギー取引プラットフォームであるTerraGreenプラットフォームの構築は、世界中の再生可能エネルギー発電施設の建設を促進し支援するのに役立ちます。TerraGreenプラットフォームを使用して、バイオマスサプライヤ、再生可能エネルギー技術開発者、電力生産者、および投資家を共通の媒体を通じてリンクさせることによって行われます。

    TerraGreenは、革新的な暗号化プラットフォームを通じて、関与するあらゆるステップにおいて、仲介者を確実に根絶し、それによって、原材料のより容易で経済的な利用可能性、優れた技術、電力生産者への電力料金の引き上げ、および投資家への高いリターンをもたらします。

    チーム すべてを見る

    Badmanathan Tanggawelu (Brad lee)
    Badmanathan Tanggawelu (Brad lee)
    Founder & CEO45 age
    Hannes Klobe
    Hannes Klobe
    Co-founder & CTO
    P. Nahak
    P. Nahak
    COO & Blockchain Developement Specialist
    B. Viresh
    B. Viresh
    CIO
    Sabina Abdul Aziz
    Sabina Abdul Aziz
    Biomass Waste, Energy Crop & Smart Contract Developer
    Tengku Dato’ Nasruddin Tengku Ibrahim
    Tengku Dato’ Nasruddin Tengku Ibrahim
    Renewable Energy Trade & Economy Developer

    人気STO/ICO記事

    • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

      グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
    • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

      仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
    • これをみればミニ株のすべてがわかります!

      株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株