TapJets - リアルタイムプライベートジェット予約プラットフォーム

TapJets®は目的地へ飛ぶ準備ができているプライベートジェットと私たちのクライアントを即座に繋ぐプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TJA
開始日時
2019-03-15
終了日時
2019-06-15
トークン供給数
6,000,000
公式サイトへ Owner of TapJets?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, XRP
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

プライベートジェットを即座に予約するためのプラットフォームを構築しました。

TapJets®は目的地へ飛ぶ準備ができているプライベートジェットで私たちのクライアントを即座に繋ぐプラットフォームです。    既存の解決策はブローカーと飛行機を必要とする人との間のコミュニケーションを改善しようとしていますが、TapJets®はプライベートジェットを予約するプロセス全体を非常にシンプルにします(Uberのようなシンプルさ)。 私たちはあなたが即座にプライベートジェットを召喚し、空きがあるフライトに入札し、そして飛行機のオペレーターと直接対話することを可能にする使いやすいモバイルとウェブ技術を構築しました。    このエンドツーエンドの技術は、仲介者を排除し、飛行機の操縦者が出発時に最適な位置にある飛行機を効果的に提供することを可能にします。 結果は、購入者にとって費用対効果の高い購入価格、そして販売者にとっての最適化です。 単なるアイデアではなく、予約からの実質収益がある実用的な製品であるWin-Winプラットフォーム。

チーム すべてを見る

Eugene Kesselman
Eugene Kesselman
Eugene Kesselman CEO & Founder
Robert Klumb
Robert Klumb
Founder & EVP of Operations
Audrey Kiefer
Audrey Kiefer
EVP of Sales
Vladimir Shuklin
Vladimir Shuklin
CTO
Dmitry Eryshov
Dmitry Eryshov
EVP of Mobile
Ivan Andreev
Ivan Andreev
EVP of Software Development

人気STO/ICO記事

  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他