Tangle - 予測市場向けNeblioアプリケーション

Tangleは予測市場のための信頼必要がない、分散型Neblioアプリケーションです。 Tangleの予測市場の結果は、TangleのネイティブTGLトークンを保有しているユーザーによって選択されます。ユーザーは、結果が達成されたときに利益を得て、その代わりに市場から決済手数料を受け取ります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TGL
開始日時
2019-04-14
終了日時
2019-08-31
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
10,125,000
公式サイトへ Owner of Tangle?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNeblio
タイプNTP-1
参加可能通貨USDT, NEBL, ETH
供給率89%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

TANGLEは何ですか?

TangleはNeblioブロックチェーンを利用してイベントの結果を保存する予測市場向けのアプリケーションです。

Tangleのしくみ

アプリケーションの利点を享受するために、ユーザーはTGLトークンを排他的に所有する必要があります。つまり、TGLトークンを使用して予測が行われ、確定されます。Tangleは、1つのアプリケーションが全体的に集中管理されているが、結果と成果が公平であることを保証するためにブロックチェーンを利用したバイストラクチャデザインを提案しています。

一度確定されると変更できず、2回目の具体化では、ブロックチェーンテクノロジと暗号通貨に精通しているユーザーのために完全に分散化された構造を利用します。TGLトークンの保有者は、予測市場を作り出し、ポジションを取り、正しい結果に報いることができます。 紛争の場合には、結果を決定するために票を投じることができる和解ウィンドウが開かれます。 その結果、信頼の要件、摩擦、および手数料が、競争の激しい市場の勢力によって推進されるのと同じくらい低くなる予測市場が生まれます。

タイムライン

  • トークンセール - 2019年4月から2019年8月まで
  • アルファリリースおよびクローズドテスト - 2019年7月
  • 取引所上場、ベータ版のリリースおよび抜き取り検査 - 2019年9月
  • 製品リリースおよびテスト - 2019年10月
  • Techcrunch San Francisco Disrupt - 2019年10月
  • Neblio(NTP-1)Chromeエクステンションウォレット - 2019年11月
  • AndroidおよびiOS用モバイルアプリ - 2019年12月
  • ホワイトラベル予測市場 - 2020年3月

チーム

Debra Gail
Debra Gail
Lead Developer
Alexandr Lesan
Alexandr Lesan
Developer
Alex Shumilov
Alex Shumilov
Developer
Nikita Alexandar
Nikita Alexandar
Developer

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 【FXとは?】特徴、仕組みなどを分かりやすく説明!

    FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引のことです。利益を得られる方法は大きく2つあります。1. 「価格変動」による為替差益2. 「スワップ」による金利差益ん。。まだ、見ても分からないと思いますが、詳しくは後ほど説明しますのでまずはFX取引には2つの方法で利益が得られることを頭に入れておきましょう。二つの方法で利益が得られるが、二つを同時に狙うことはとても難しいためベテランのトレーダーでも一般的には「価格変動」による為替差益を中心にトレードします。FX取引の最大の収益は、価格変動による為替差益から得ることができます。ビットコイン、金、株式など全ての投資と同様に安く買っ
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価