SWAPS.NETWORK - 私達はOTC市場を崩壊させています

SWAPS.NETWORKはOTCのグローバル流動性プールです。 市場でのすべての取引を蓄積し、世界中の売り手と買い手を結びつけます。SWAPS.NETWORKは完全に分散化されたOTCソリューションを提供します。 ユーザーは、第三者またはエスクローなしでOTC取引を行うことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SWAP
開始日時
2019-07-24
終了日時
2019-08-13
最低目標
300,000 USD
最高目標
3,000,000 USD
初回価格
1 SWAP = 0.043 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of SWAPS.NETWORK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨usdt, Others
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • From 24th of July - from 3% of tokens from 999$

概要

なぜ暗号交換ではなくSWAPS.NETWORKを使うのですか?

大量注文

暗号取引所では、注文控え帳の流動性が低いことがよくあります。たとえば、強いボラティリティを避けながら、Binance / Huobiで一度に1000 BTCを取引することはできません。 SWAPS.NETWORKは、市場の流動性を求めて大量の取引注文を集計することにより、業界で最も深い流動性プールを生み出します。

禁止されている制限を避ける

暗号取引所の大部分は法外な取引制限があります。たとえば、あなたが新しいクライアントであるならば、あなたの毎日の取引限度は2,000ドルまたは3,000ドルに制限されるかもしれません。さらに、払い戻しの選択肢は限られているかもしれません。 SWAPS.NETWORKは大容量の取引を専門としているため、取引所に存在する取引の制限を回避することができます。

価格の「ずれ」を避ける

合計取引コストが予想よりも高い場合、取引所で価格のずれが発生します。この現象は通常よりも長い時間がかかる注文によるものです。

リストにないトークン

新しいプロジェクトでは、取引所に上場されていないトークンを交換することはほとんど不可能です。たとえ彼らがリストされることを望んだとしても、これはかなり高価なプロセスになる可能性があります。 SWAPS.NETWORKでは、誰もが、上場されていないトークンさえも取引することができます。

エスクローなし

Atomic Swapテクノロジを使用してOTCを取引する際の主な利点の1つは、第三者のエスクローアカウントが取引を保証する必要がないことを意味します。

チーム

Vladimir Tikhomirov
Vladimir Tikhomirov
CEO, founder
Alexandra Korneva
Alexandra Korneva
Partner / PR and Marketing
Veronika Trunina
Veronika Trunina
Business Development
Dmitriy Kovalev
Dmitriy Kovalev
Senior Frontend Developer

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ