SWAPS.NETWORK - 私達はOTC市場を崩壊させています

SWAPS.NETWORKはOTCのグローバル流動性プールです。 市場でのすべての取引を蓄積し、世界中の売り手と買い手を結びつけます。SWAPS.NETWORKは完全に分散化されたOTCソリューションを提供します。 ユーザーは、第三者またはエスクローなしでOTC取引を行うことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SWAP
開始日時
2019-07-24
終了日時
2019-08-13
最低目標
300,000 USD
最高目標
3,000,000 USD
初回価格
1 SWAP = 0.043 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of SWAPS.NETWORK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨usdt, Others
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • From 24th of July - from 3% of tokens from 999$

概要

なぜ暗号交換ではなくSWAPS.NETWORKを使うのですか?

大量注文

暗号取引所では、注文控え帳の流動性が低いことがよくあります。たとえば、強いボラティリティを避けながら、Binance / Huobiで一度に1000 BTCを取引することはできません。 SWAPS.NETWORKは、市場の流動性を求めて大量の取引注文を集計することにより、業界で最も深い流動性プールを生み出します。

禁止されている制限を避ける

暗号取引所の大部分は法外な取引制限があります。たとえば、あなたが新しいクライアントであるならば、あなたの毎日の取引限度は2,000ドルまたは3,000ドルに制限されるかもしれません。さらに、払い戻しの選択肢は限られているかもしれません。 SWAPS.NETWORKは大容量の取引を専門としているため、取引所に存在する取引の制限を回避することができます。

価格の「ずれ」を避ける

合計取引コストが予想よりも高い場合、取引所で価格のずれが発生します。この現象は通常よりも長い時間がかかる注文によるものです。

リストにないトークン

新しいプロジェクトでは、取引所に上場されていないトークンを交換することはほとんど不可能です。たとえ彼らがリストされることを望んだとしても、これはかなり高価なプロセスになる可能性があります。 SWAPS.NETWORKでは、誰もが、上場されていないトークンさえも取引することができます。

エスクローなし

Atomic Swapテクノロジを使用してOTCを取引する際の主な利点の1つは、第三者のエスクローアカウントが取引を保証する必要がないことを意味します。

チーム

Vladimir Tikhomirov
Vladimir Tikhomirov
CEO, founder
Alexandra Korneva
Alexandra Korneva
Partner / PR and Marketing
Veronika Trunina
Veronika Trunina
Business Development
Dmitriy Kovalev
Dmitriy Kovalev
Senior Frontend Developer

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。