StuffGoGo - 分散型モバイル電子商取引プラットフォーム

これはeBay、CraigslistまたはAmazonではありません。 仲介者もサーバーもデータ収集もありません。 私たちは権利をユーザーにお返しします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SGG
開始日時
2017-08-12
終了日時
2017-09-08
調達金額
1,260 ETH
最低目標
1 ETH
最高目標
100,000 ETH
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of StuffGoGo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First 2 days - 20%

概要

Private & Safe
No big brother, no central server, no personal information capture and no data mining. Resilient, cant be disabled. Your product store will be online until you and only you decide to shut it down.

Easy & Tidy
It's easy to buy and sell on Stuffgogo. Just snap a picture or video and post it for sale. Get a top dollar for your stuff starting auction with one click. Integrated payment methods, including Bitcoin and most Altcoins.

Free
For most users, products and services it’s free for both buyers and sellers. No commissions, no fees. Arrange for local pickup or pay online. Smart algorithms protect you from fraud.

SGG Token
You can use Stuffgogo token (SGG) to pay for your purchases, buy internal domains/tags, promote your listings, use powerful seller tools.

チーム

Vlad Tereshkov
Vlad Tereshkov
Founder, Business and Technology
Yuliya Zlobina
Yuliya Zlobina
Co-founder, Marketing, Mobile and UX
Vera Karmolina
Vera Karmolina
Co-founder, Technology, Product Delivery

人気STO/ICO記事

  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ
  • 【DMM Bitcoinとは】キャンペーン中に口座開設して1000円GETしよう!

    「ビットコイン」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能!14通貨ペアのレバレッジ取引が可能です!取引に必要な機能が集約されているのは勿論、レイアウトもオリジナル仕様にカスタムすることができます。何より、チャート機能の充実がトレーダー上級者に選ばれる所以でしょう。仮想通貨取引所では珍しい両建てでの取引が可能。レバレッジ取引では取扱いアルトコインの空売りが可能なことに加え、8つの注文方式を提供しています。[[DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。ビットコインを含めた7種類の通貨(ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC)に対応していますのは大きな魅力と言える
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)