EiraCube - 電子商取引業界の革命

EiraCubeは「小売のエアバッグ」です。 ただ棚を借りて、私たちに商品を送ってください。 私たちは、世界最高の場所で販売するためにすべての世話をします!EiraCubeは世界初のロボを搭載するポップアップストアです。オンライン商人に、世界中のハイエンドのショッピングモールで、彼らの製品をショーケースに販売するための、素早く、しなやかで、簡単な方法を提供します。 一人ひとりの買い物の「触れ合って感じる」と、初めての電子商取引の利便性と効率性をまとめます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RETT
開始日時
2018-02-01
終了日時
2018-04-01
最低目標
20,000 ETH
最高目標
50,000 ETH
トークン供給数
7,500,000
公式サイトへ Owner of EiraCube?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 30-40%
  • ICO: Days 1-3 - 15-20%
  • ICO: Days 4-10 - 6-10%
  • ICO: Days 11-15 - 1-5%
  • ICO: Days 16-30 - 0%

概要

EiraCubeはヨーロッパのスタートアップであり、店舗内に人間の要員を必要としない完全なIoTブロックチェーンベースのビジネスモデルである世界初のロボットポップアップストアチェーンを開発しています。 世界中のハイエンドのショッピングモールに置かれており、セールスアシスタントの代わりにロボットを持ち、オンライン商人の独占的なアイテムを販売しています。

EiraCubeは、小売り3.0とインターネットの中心にブロックチェーン駆動の技術を投入することで、これらの問題に対処する画期的なソリューションを開発しています。

チーム すべてを見る

Steve Brooks
Steve Brooks
US Pop-Up Retail Advisor
Laura Wynch
Laura Wynch
Asociate Partner at Validify
Rick Bacchus
Rick Bacchus
Investment Advisor
Matvey Levant
Matvey Levant
Legal advisor
Tad Shepperd
Tad Shepperd
Founder and Managing Partner at Retail Science
Frank Hannigan
Frank Hannigan
Advisor to Technology and Creativity

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[