Sidera - 未来を身に着ける

Sideraは初めてあなたのすべての仮想通貨を手首に安全に保管することができます。 美しくてスマートな方法で。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
eQUOS
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-09-30
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 eQUOS = 2 USD
トークン供給数
36,720,000
公式サイトへ Owner of Sidera?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率72%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • $100 to $1000 - 25%
  • $1001 to $50000 - 30%
  • From $50000 - 35%
  • 1st week - 20%
  • 2nd week - 15%
  • 3rd week - 10%
  • 4th week - 5%

概要

Sideraブロックチェーン技術とは何ですか?    _ "Sideraはブロックチェーン技術の革命とIoTウェアラブル機器の革新を融合し、最高の2つの領域を兼ね備えています。" Camillo Piscitelli - Project Envisioner    _Sideraは、世界の最初の分散型ウェアラブルデバイスであるSmartBitをローンチします。    私たちは仮想通貨市場を変えます。ウェアラブルウェアウォレットを内蔵した手首に仮想通貨を初めて格納することができます。このデバイスは、無限の可能性を秘めたスマートウォッチです。

  • SmartBitデバイス間の手首間のオフチェーントランザクション。
  • 腕の動きでウォレットエントロピーの生成(通常はPCのマウスを動かす)。
  • ゴーストモード:ブロックチェーンの機能を完全に隠すことができます。
  • 法定通貨と仮想通貨を変換するNFC POS支払い:Sideraの電子ペイメントライセンスのおかげで、どんな店でも米ドルで直接支払いが可能です。これにより、暗号市場が完全に混乱し、指数関数的に規模を拡大することができます。

最後に、高度なセキュリティについて説明します。これはプロジェクトの最も重要な部分です。スマートウォッチの下に配置されたボディセンサーによって、デバイスとその内蔵ハードウェアウォレットのセキュリティが保証されます。このセンサーはあなたの身体から、ハードウェア財布のプライベートシードが暗号化される特定のIDを精緻化するいくつかの信号(動き、汗など)を分析します。

誰かがあなたのデバイスを盗んでも、センサーが拒否するため、資金にアクセスすることはできません。

次のような分野に進出することを可能にする大きな進歩です。

  • 銀行業/金融業;
  • 軍事
  • 健康管理

チーム すべてを見る

Camillo Piscitelli
Camillo Piscitelli
Founder & Project envisioner
Vincenzo Niglio
Vincenzo Niglio
Co-founder
Leon Gerard Vandenberg
Leon Gerard Vandenberg
Lead Advisor: ESIM - Identity and Wallet Technologies
Stefano Della Valle
Stefano Della Valle
Artificial Intelligence Internal Consultant
Youssef El Habchi
Youssef El Habchi
Full-stack Developer & Infrastructure
Shakil Ahmed
Shakil Ahmed
Full-stack Web & Blockchain Developer

人気ICO記事

  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • コインを自ら上場させ、無制限の取引手数料を手に入れる長期投資方法「NY発、新興取引所BitMart」

    現在、ビットコインを代表とした仮想通貨の価値が高騰している中、多くの投資家の方々は仮想通貨投資に大きな可能性を見出しています。最近では、Fcoinが開発した「トランスフィーマイニングモデル」が多くの投資家の注目を集めました。このモデルにより、投資家自身がプロジェクト掲載(上場)プロセスに参加し、取引手数料を得ることができるようになりました。BitMartは、そのようなマイニングモデルに投資家のニーズがあると確信しております。そこで、BitMartはミッションX (Community Listing Market)をスタートします!ユーザーは、好きなプロジェクトに対しBMXによるサポート(投資)