Sharpay - 共有は新しいマイニング

sharpayはユーザーのコンテンツプロモーションのブロックチェーンベースの報酬を持つサイトのシェアおよびマルチシェアボタンです。 マルチシャリングは、ワンクリックで複数のネットワークでコンテンツを共有する機会です。 ユーザーは共有リンクまたはサイト設定に応じて他のユーザーの訪問のために報酬を受け取ることができます。 サイトのコンバージョンの増加とユーザーの快適な共有を意味します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SHRP
開始日時
2018-03-01
終了日時
2018-05-31
最低目標
3,000,000 USD
トークン供給数
1,400,000,000
公式サイトへ Owner of Sharpay ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率37.5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界に 10 億のサイトがあり、その数は毎年 5〜7%増加しています。しかし、そのうち共有ボタンを使用しているのは 3%、3,000 万サイトだけです。

30 億人以上がソーシャルネットワークを使用し、そのうち 10%がアクティブユーザーで、ソーシャルネットワーク広告への支出は 2019 年には 500 億米ドルに達すると見込まれています。ソーシャルネットワークで最も人気のあるユーザーは、例えば、トップ Instagram インフルエンサーは、ソーシャルネットワーク広告を通じてその人気によってお金を儲けています。

Sharpay は、仮想通貨を稼ぐことで、すべてのソーシャルアクティブユーザーがその人気を収益に変えるお手伝いをします。

Sharpay は、ユニークな技術的、そして非常にシンプルな共有ボタンです。サイトは従来の共有ボタンの代わりにコンテンツにこのボタンを装備して、ユーザーは共有の報酬を受け取ります。このシステムは不正防止機能、CPV(訪問ごとのコスト)支払いに基づいてオーディエンスを標的にするボット防御が可能です。

Sharpay のイノベーション — トークンと 1 度のクリックでいくつかのネットワークに共有するマルチシェアリングによる、共有のためのブロックチェーン。これはユニークなプロジェクトで、2 つの可能性があります。この技術は、ユーラシアの国際的特許優先権によって守られています。

Sharpay は、トラフィック、コンバージョン、セッション、そしてより少ない費用で販売を行うための新しい SMM の方法です。

Sharpay 技術を広めることで、世界の総合の共有数が 3%から 10%増加するでしょう。Sharpay は、その成長の 50%を達成することを計画しており、これは一般的に国際市場の 35%と同等の価値になります。

Sharpay は、その収益の 90%を四半期ごとに蓄え、その保持者(投資家並びにユーザー)からのトークンの償還を行います。このプログラムは、2018 年第 3 四半期の結果に従って開始されます。買い戻しの価格は、2017 年 11 月のプロジェクトの公式開始時の 0.01 米ドルとほぼ同等の 0.00003 ETH の名目価格に基づいています。

Sharpay のトークンは、ERC20 標準に従ったイーサリアムで当初リリースされ、財務レジストリとしてブロックチェーンを使用します。 Sharpay の次のステージの展開では、独立した分散型のブロックチェーンシステム(POS ベースのBitShares フォーク)を開発かつ開始し、その後トークの移行を行います。このブロックチェーンは、サイトとユーザー間のソーシャル活動のためのトークン発行、配布、そして情報の保存のために使用されます。

この第 2 段階から、ブロックチェーンからの利益により、 より多くのユーザーだけでなく、Sharpay ボタンの設置を増やします。

チーム すべてを見る

Anton Solodikov
Anton Solodikov
CEO
Igor Karavaev
Igor Karavaev
CBDO
Arkady Yasashny
Arkady Yasashny
CFO
Alexey Stukarchuk
Alexey Stukarchuk
CTO
Valery Yushchenko
Valery Yushchenko
Software Engineer
Ilya Afanasiev
Ilya Afanasiev
Support Engineer

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他