SDAT EXCHANGE ICO - 世界初の超高速分散型取引所

SDAT DEXには、世界をリードする3つの重要な機能があります。それは、トランザクションの不変性、透明性、分散台帳技術です。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
SDAT
開始日時
2019-09-03
終了日時
2020-06-19
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of SDAT EXCHANGE ICO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate Blockchain
タイプSDChain
参加可能通貨Others
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 1 - 75%
  • Round 2 - 60%
  • Round 3 - 40%
  • Round 4 - 20%

概要

SDATは、堅牢で最先端のブロックチェーンエコシステムであるSDChainで実行される世界初の超高速分散型取引所です。 SDAT分散型取引所には、世界をリードする3つの重要な機能があります。それは、トランザクションの不変性、透明性、分散台帳テクノロジーです。これら3つの機能は、SDAT取引所で取引されるトークンのトランザクションセキュリティを強化し、競争力と利便性をユーザーに提供します。 SDAT取引所は、偉大な企業と協力して、SDATメンバーに未開発のトークン化された価値と可能性を示し、今後のデジタル経済革命で投資家グループと起業家グループの両方が相乗的に力を合わせられるようにします。

SDATはSDChainで実行されます。 SDChainブロックチェーンは、IoT(モノのインターネット)とブロックチェーンを分散型エコシステムに変えたモノのインターネットの信頼性を確保するために、ブロックチェーンを真に採用した世界初のパブリックブロックチェーンであり、多くの産業を採用している同時に、効率的で低コストのIoTデータ交換プラットフォームを確保して、個々のニーズに応じてデータの商業的価値を高めます。

SDATは、SDAT取引所で発行されるメンバーシップトークンであり、プライベートプレースメントクォータの割り当て、デューデリジェンス期間、およびSDATメンバーシッププラットフォームで詳述されている他の多くの利点を含む、メンバー間の秩序あるプライベートプレースメントガイドラインを構築します。

SDATメンバーシップでは、各メンバーは関連するレベルにグループ化され、ロードショーにアクセスして新しいプロジェクトチームと話し合うことができます。ネットワークは、保有されている各メンバーのSDATトークンからのブロックチェーン情報を自動的に利用して、プライベートプレースメントクォータを公平に割り当てます。 SDATメンバーは、デューデリジェンスとスポンサーシップの検討のために、SDATメンバーシップの残りにプロジェクトを提供することもできます。 SDAT取引所メンバーシップトークンは、プライベートプレースメントクォータとデューデリジェンス期間を事前登録するための各メンバーの権限を公平に表しています。その他の戦略的なプラットフォームの利点は、将来の展開に向けて計画されています。所有するSDATトークンが多いほど、受け取る特権が多くなります。

分散型取引所では、取引所が顧客の資金を保持および保護するためにサードパーティのサービスに依存せず、ユーザーが他のユーザーと取引できるようにピアツーピアネットワークを使用します。 SDAT分散型交換の導入は、ユーザーの資金のセキュリティを確保するためであり、これにより、ブロックチェーン自体と同じようにコードに存在する信頼を利用できるようになります。

SDAT Allianceは、SDChainの次世代ブロックチェーンテクノロジーを活用してSDAT分散型取引所を作成し、1秒あたりの超高速トランザクション(TPS)を達成し、5秒以内にトランザクションを確認しました。世界中の150か国から30,000人のベータユーザーが既にSDAT取引所で最速かつ最もユーザーフレンドリーな体験を楽しんでおり、デジタル経済の旅をSDATコミュニティで共有しています。 SDATユーザーは、自分の秘密鍵を保護して、自分の資産を自分のSDAT DEXウォレットに保持するセキュリティを享受します。

革新的でユニークなDIYO(Do-It-Yourself-Offering)トークノミクスビジネスモデルを通じて、プロジェクトチームはSDChainでトークンを発行し、SDAT機関投資家メンバーの専門的な経験を活用できます。 SDATの適切に設計されたプロジェクトのデューデリジェンスメカニズムにより、SDATメンバーは報酬のあるトークンユーティリティプロジェクトを確認し、公正なメンバーシップの権利とオンラインのプライベートプレースメントロードショープロセスを受けることができます。 SDAT取引所は、投資家が最も質の高い投資機会を獲得できるように、最も強力なプロジェクトチェックを提供します。 SDATの目標は、革新的で公正かつ透明なソリューションの展開により市場を開拓し、ブロックチェーンサービスと代替投資手段に対する急速に増大する需要を満たすことです。

チーム すべてを見る

David Liao
David Liao
Alliance Secretary General
Enzo Lin
Enzo Lin
Head of Community
Charles Pringle
Charles Pringle
Head of PR & Marketing
Brian Chen
Brian Chen
Commercial Manager
David Pan
David Pan
Chief Economist
Rasel Mahmud
Rasel Mahmud
Frontend Web Contributor

人気STO/ICO記事

  • 韓国、ブロックチェーン企業80%↑・・売り上げなし、破産寸前か

    韓国のメディアによると、韓国ブロックチェーン企業のほとんどが売り上げがなく、破産寸前状態だ。スタートアップのブロックチェーン企業は大手企業と競争できず、苦戦している。韓国メディア、ビジネスコリアは去年、ブロックチェーン関連企業10か所の中で2か所だけが売り上げがあったと報道した。韓国のソフトウェア政策研究所で発表した資料によると、ブロックチェーン産業の売り上げは他の技術産業とは対照的でブロックチェーン産業は苦戦しているが、クラウドコンピューティング産業・ビックデータ・IOT産業などの韓国企業の約50~70%が同じ期間の中で売り上げが増加した。去年、韓国のブロックチェーン事業の売り上げは合わせて
  • 【9日】プラストークン、12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき

    ブロックチェーンセキュルティー企業「ChainsGuard」によると、スキャムプロジェクトの疑いのあるプラストークン(PlusToken)が所有していると推定されるビットコインウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTvLMYwkfKHZY8)から12,646BTC(約140億円)の資金移動があった。9日の23時20分(日本時間)から約4,000BTC以上の大量のビットコインが3回にわたり、合わせて12,646BTCが移動された。今回、移動されたBTCは10日12時以降、違うアドレスに分割されたが、取引所に流れてはいない。ウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTv
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY