Sapien - あなたの社交体験の制御を取り戻す

Sapienは、仲介者なしで数百万のデジタルコンテンツ制作者に報いることができる民主化され、トークン化された、評判ベースのソーシャルニュースプラットフォームです。 Sapienは、ユーティリティトークン(SPN)によって強化されており、ブロックチェーンと分散化のメリットとパワーを大衆に提供するスムーズなユーザーエクスペリエンスを提供するように構築されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SPN
開始日時
2018-01-31
終了日時
2018-02-15
最低目標
50,000,000 SPN
トークン供給数
215,000,000
公式サイトへ Owner of Sapien?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Sapienは単なるプラットフォームではありません - ユーザーの社交体験の制御を取り戻すように促す動きです。 Sapienはブロックチェーンテクノロジを活用することで、オンラインコミュニティ内での対話、影響、および取引の方法における基本的なパラダイムシフトです。

Sapienプラットフォーム

Sapienは、ユーザーが自分のデータを管理したり、コンテンツ作成者に報いたり、偽のニュースと戦ったりすることができるWeb 3ソーシャルニュースプラットフォームです。 Web3テクノロジ(ブロックチェーン、IPFS、Webトレントなど)は、高度にカスタマイズ可能で民主化されたソーシャルネットワークを中央の仲介者なしで作成するための基盤となるインフラストラクチャとして機能します。

Sapienネットワーク

Sapienネットワークは、Sapienプラットフォーム、マーケットプレイス、API統合、およびサードパーティ製アプリケーションで構成されています。これらはすべて、EthereumベースのユーティリティトークンであるSPNによって接続されています。

中心的価値観

民主主義

ユーザーは、自分が属しているコミュニティに発言権があるべきです。

プライバシー

有名か匿名になりたいかどうかにかかわらず、Sapienに関するデータはあなたのものです。

言論の自由

破壊的なツールで保護されるべき基本原則。

カスタマイズ性

各ユーザーは自分の好みに合わせて社交体験を調整することができるはずです。

主な機能

パブリック/プライベートブラウジング

パブリックモードとプライベートモードをシームレスに切り替えて、Sapienを匿名で、または本当のアイデンティティで体験してください。

サブスクリプション

あなたの友人や世界からの最新の投稿を購読し、時代に遅れないでいます。

友達、グループ、そして投稿

友達を追加し、グループを作成し、投稿を共有し、コメントし、そして探検します。

機能豊富なチャット

より動的で魅力的なユーザーエクスペリエンスを提供するために私達の強力なチャットインターフェースでテキストと音声チャンネルに参加します。

暗号化

オンラインであなたのプライバシーを守ります。 Sapienはあなたの個人データを守り、暗号化されたチャット会話を提供します。

高度にカスタマイズ可能

すべての人はユニークです。 すべての機能を管理し、あなた自身の社交体験を調整します。

市場

買い手と売り手

ユーザーは、SPNトークンを使用してSapien市場で物理的と仮想的な商品、サービス、およびプレミアムコンテンツを売買することができます。 評判スコアは市場に統合され、ユーザーは購入元のベンダーが信頼できると確信することができます。

Sapien

SapienはSapien市場の買い手と売り手に、SPNの一定のしきい値を満たすと減少する取引手数料を請求します。 しきい値はAdaptive Stakingモデルで決定されます。

広告プラットフォーム

ユーザー

ユーザーのプライバシーは私たちの哲学の重要な部分であり、そのためユーザーはSapienの広告との関係を完全に管理することができます。デフォルトでは、ユーザーに広告は表示されず、ユーザーの知らないうちに個人ユーザーデータは収集されません。ユーザーが望む場合は、Sapienが広告を収集して広告主が広告を表示することを許可することを選択できます。ユーザーがより多くのSPNトークンを持っているほど、広告を有効にするために受け取るSPNトークンが多くなります。

広告主

広告はSPNトークンを使用してSapienで購入でき、広告を有効にしたユーザーに配信されます。広告主は、SPNトークンを使用して広告を購入すると大幅な割引を受けます。広告主はまた、ターゲットオーディエンスに合わせて公の部族に広告を掲載することもできます。広告体験は、既存のソーシャルプラットフォームと似ていますが、広告収入の大部分がユーザーに分配します。

Sapien

広告の購入から得られる収益の大部分は、広告を有効にしているユーザーに分配されます。ユーザーは、広告購入から収入の少なくとも50パーセントを受け取ります。分配される収益の比率は動的であり、プラットフォームを維持するために調整されます。すべての広告取引はetherscan.ioで公開されます。このようにして、Sapienは透明性を保証することができ、ユーザーはプラットフォーム上で彼らの経験を完全に管理し続けます。

ロードマップ

2019第1四半期

民主化自律型プラットフォーム用のインフラストラクチャーを構築

2019年第2四半期

分散型マーケットプレイス、プレミアムコンテンツ、および機能の展開

2019年第3四半期

サードパーティのアプリケーションのためのオープンデベロッパープラットフォームと統合

2019年第4四半期

拡張のためのプラットフォームを最適化し、毎月1Mの新規ユーザーを追加

2020第2四半期

ユーザーデータをトークン化し、トークンの使用を他のWebサイトに拡張

2020第4四半期

毎月1000万人の新規ユーザーを追加

チーム

Ankit Bhatia
Ankit Bhatia
CEO & CO-FOUNDER
Robert Giometti
Robert Giometti
CPO & CO-FOUNDER
Matias Dorta
Matias Dorta
MARKETING STRATEGY
Stefan Ionescu
Stefan Ionescu
LEAD SOLIDITY DEV
Aurélien Nicolas
Aurélien Nicolas
SECURITY EXPERT
Christopher Lee
Christopher Lee
BRANDING & COMMUNITY

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー