Roobee - 投資の世界を混乱をさせている

Roobee (ロービー)はデジタル化された資産に利口な投資をできるようにAIを、 完全に明確な統計を利用するブロックチェーンによるの投資プラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ROOBEE
最低目標
4,500,000 USD
最高目標
27,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
2,916,000,000
公式サイトへ Owner of Roobee?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率54%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Roobeeは下記の2つのシェルで構成されている:

内部 - Roobeeのブロックチェーンとバックエンドのインフラストラクチャ

外部 - ウェブサイトとモバイルアプリの形で利用可能な様々な投資プラットフォーム

詳細:

  • Roobee ネットワーク - HyperLedgerとパブリックブロックチェーンEthereumに基づいた、許可済みブロックチェーンRoobeeChainを構成されるシステム。

  • RoobeeのID - ユーザーのキーチェーン、デジタルID、および公立キーと私立キーが含まれている。RoobeeIDは、強いセキュリティとRoobeeプラットフォームおよびRoobeeNetworkへのアクセスを提供する。

  • Roobeeワォレット - 多通貨ウォレットを使用すると、ユーザーは自分の資産を保存および交換することができ、同時にRoobeeIDキー用のストレージやRoobeeのブラウザ拡張機能やモバイルアプリへのアクセスも可能になる。

  • Roobeeスコア - 適切な投資商品の入手可用性を保証する管理システム。 Roobeeスコアは商品を評価して、高品質の商品のみが提出さらていると確認するすシステムだ。

  • Roobeeフィン - リスクプロファイルに基づいてユーザーに適した投資計画を作成するように機械学習を使用するスマートユーザーアシスタントおよびポートフォリオビルダー。

  • Roobeeマーケット - ユーザーがRoobeeスコアの自動バックテストアルゴリズムを使用して、独自のポートフォリオを作成できる動的なマーケット。

  • Roobeeターミナル - Roobeeリキッドおよび他の取引所で取引を主催し、指定もしくは匿名の資産マネージャーに取引アクセスを提供する。

  • Roobeeリキッド - Roobeeユーザーの間にデジタル資産のピアツーピア交換をサポートする内部OTCプラットフォーム。

チーム すべてを見る

Jay Park
Jay Park
Business Development Advisor
Amine Berraoui
Amine Berraoui
CEO
Dan Kaizer
Dan Kaizer
Head of Blockchain R&D
Salina Bo
Salina Bo
FinTech Advisor
Li Shuangshuang
Li Shuangshuang
Chinese Community Advisor
Albert Sagiryan
Albert Sagiryan
Investment and financial markets advisor

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調