Roobee - 投資の世界を混乱をさせている

Roobee (ロービー)はデジタル化された資産に利口な投資をできるようにAIを、 完全に明確な統計を利用するブロックチェーンによるの投資プラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ROOBEE
最低目標
4,500,000 USD
最高目標
27,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
2,916,000,000
公式サイトへ Owner of Roobee?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率54%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Roobeeは下記の2つのシェルで構成されている:

内部 - Roobeeのブロックチェーンとバックエンドのインフラストラクチャ

外部 - ウェブサイトとモバイルアプリの形で利用可能な様々な投資プラットフォーム

詳細:

  • Roobee ネットワーク - HyperLedgerとパブリックブロックチェーンEthereumに基づいた、許可済みブロックチェーンRoobeeChainを構成されるシステム。

  • RoobeeのID - ユーザーのキーチェーン、デジタルID、および公立キーと私立キーが含まれている。RoobeeIDは、強いセキュリティとRoobeeプラットフォームおよびRoobeeNetworkへのアクセスを提供する。

  • Roobeeワォレット - 多通貨ウォレットを使用すると、ユーザーは自分の資産を保存および交換することができ、同時にRoobeeIDキー用のストレージやRoobeeのブラウザ拡張機能やモバイルアプリへのアクセスも可能になる。

  • Roobeeスコア - 適切な投資商品の入手可用性を保証する管理システム。 Roobeeスコアは商品を評価して、高品質の商品のみが提出さらていると確認するすシステムだ。

  • Roobeeフィン - リスクプロファイルに基づいてユーザーに適した投資計画を作成するように機械学習を使用するスマートユーザーアシスタントおよびポートフォリオビルダー。

  • Roobeeマーケット - ユーザーがRoobeeスコアの自動バックテストアルゴリズムを使用して、独自のポートフォリオを作成できる動的なマーケット。

  • Roobeeターミナル - Roobeeリキッドおよび他の取引所で取引を主催し、指定もしくは匿名の資産マネージャーに取引アクセスを提供する。

  • Roobeeリキッド - Roobeeユーザーの間にデジタル資産のピアツーピア交換をサポートする内部OTCプラットフォーム。

チーム すべてを見る

Jay Park
Jay Park
Business Development Advisor
Amine Berraoui
Amine Berraoui
CEO
Dan Kaizer
Dan Kaizer
Head of Blockchain R&D
Salina Bo
Salina Bo
FinTech Advisor
Li Shuangshuang
Li Shuangshuang
Chinese Community Advisor
Albert Sagiryan
Albert Sagiryan
Investment and financial markets advisor

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・