Reflexion Lounge - くつろぎのライフスタイルのためのデジタル通貨

Reflexion Loungeは、自己反省と団結を促進するコミュニティメンバーのマインドフルな集まりの出会いの場として古くから知られています。 Reflectionion Loungeは、Generation Yの人口統計で、コミュニティトークンを紹介しています。 分散型(ブロックチェーン対応)フランチャイズネットワークのReflectionion Token(XRLO)を使用して、統一された匿名コミュニティのためのラウンジのグローバルチェーンを構築し、Loua-as-a-Lifeスタイル(LaaL)コミュニティとProsperity-as-a-Purposeプラットフォームを実装します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
XRLO
開始日時
2019-09-15
終了日時
2019-11-28
最低目標
5,000 ETH
最高目標
72,000 ETH
初回価格
0.0287 USD
トークン供給数
90,000,000
公式サイトへ Owner of Reflexion Lounge?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Token Sale IJune 15 - July 15 - 40%
  • Token Sale IIJuly 28 - August 28 - 30%
  • Token Sale IIISeptember 10 - October 10 - 20%

概要

本当に機会均等を促進し、千年世代を育てるためのプラットフォームを提供するくつろぎとライフスタイルの環境。

Reflexion LaaL Platformは、伝統的なフランチャイズシステムを、世界的なLounging and Lifestyleブランドに参加するコミュニティメンバーの信頼できるネットワークに変革する、革新的なブロックチェーンによるフランチャイズビジネスモデルの実現を目指しています。

Reflexion Loungeを分散型の自律型コミュニティ(DAC)に変える、コミュニティの報酬と収益を分配するスマートコントラクトで自身を管理する革命的なソーシャルネットワーク。

チーム すべてを見る

Mohamed El-Masri
Mohamed El-Masri
Strategic Advisor
Paresh Masani
Paresh Masani
Blockchain Engineer
Faiyaz Bux
Faiyaz Bux
Founder & CEO
Mohammed Iqbal
Mohammed Iqbal
Operations Manager & Head Of Finance
Manan Jobanputra
Manan Jobanputra
Platform Developer
Sagar Jobanputra
Sagar Jobanputra
Graphics Designer

人気STO/ICO記事

  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7