Refinable - あらゆるデジタルコンテンツを作成、発見、取引、活用

Binance Smart Chain上の最初の主要なNFTマーケットプレイスです。BinanceとMr.Beastの支援を受けたRefinableは、個人のクリエイターとコミュニティ全体が、NFTを簡単かつ手頃な価格で作成、発見、取引、活用できるようにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
FINE
開始日時
2021-04-23
最高目標
180,015 USD
初回価格
$0.033
トークン供給数
75,000,000
公式サイトへ Owner of Refinable?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBSC
タイプBEP20
参加可能通貨BNB, Others
供給率5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Refinableは、NFT技術によって取引と商品の安全性を確保することで、あらゆる人に信頼できるオンライン取引の方法を提供します。新しい取引手段は、あらゆる取引コミュニティに適用できると信じます。私たちは、最も信頼できる限定デジタル商品の小売市場を作ることを目指しています。コレクターズアイテム、ゲームアイテム、デジタルアート作品、ユニークファイル、ドメイン、イベントチケット、宝くじなどの高額商品や限定商品を扱う際に、ユーザーが安心して取引を行うことができます。

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )