Raido Financial - あなたのデジタルイノベーター

全てのB2BおよびB2C 仮想硬貨マーケットプレーヤのための多通貨ウォレット、仮想交換、ICO処理など様々なサービスで組み合わされたグローバルフインテックエコシステム。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
RF
開始日時
2018-11-15
終了日時
2019-02-15
最低目標
7,500 ETH
最高目標
52,762 ETH
初回価格
0.2143 USD
トークン供給数
60,262,500
公式サイトへ Owner of Raido Financial?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, DASH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちのミッションは、仮想マーケットの関係者に、仮想活動を100%で実行するための、最も効率的で、包括的で安全な機能を提供することです。 私たちの主な目標は、仮想マーケットの利用者が、ブロックチェーンまたは仮想硬貨技術の経験レベルに問わず高効率で収益性の高い機能を簡単に入手して使用できるようなエコシステムを開発して完成させることです。

Raido Financial では次のメリットがあります:

ハイテクで効率的な取引をします。 Raido Financialの技術アーキテクチャは、高性能と負荷処理システムにより最大のデータ処理速度をユーザに提供することができます。

新しいICOを立ち上げ、効果的に管理するICO / TGE / ITOプロジェクトのためのトークン化されたスマート処理システムは、すべてのマーケティング、法律、技術面を含むトークン販売を実施するために必要な「オールインワン」機能セットを提供するRaido Financialシステムに統合されます。

匿名で、安全かつ有益に、一つの複数通貨ウォレットで仮想資産を使用する取引、交換、投資活動を実行します。

B2Bおよび機関のマーケット関係者のための大量の仮想資産を使用して、法的で透明な取引活動を進めます。

チーム すべてを見る

Filippos Konstantinidis
Filippos Konstantinidis
CEO
Yassin Walid Yunis
Yassin Walid Yunis
Analyst of the currency market
Roman Shevchenko
Roman Shevchenko
Managing trader and analyst of the currency and commodity market
Alfredo Hernandez Suarez
Alfredo Hernandez Suarez
Trader and analyst of the currency market
Marian Di Valentino
Marian Di Valentino
Trader and analyst of the cryptocurrency market
Pedram Raoofy
Pedram Raoofy
Financial analyst

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[