Quantocoin - 金融サービスの未来

Quantocoinは、将来の金融サービスとデジタルバンキングのための次世代モデルを開発しました。 このモデルは、スマートフォンとともにブロックチェーンテクノロジー、および各ユーザーの安全で確実なアカウントを確保するために使用される新しい種類のバイオIDシステムを使用します。 これは暗号金融の世界の将来を発展させるためのプロジェクトです。主な目標は、QTCを従来の金融業界に統合して接続し、さまざまなアドオンサービスを備えたユーザー、トレーダー、投資家、および金融機関向けのQTCプラットフォームを介した単一のゲートウェイを作成することです。 Quantocoinは、Wavesブロックチェーンの上に構築されている将来の資金調達のためのプラットフォームです。 時間とリソースの両方を節約するツールとサービスを提供することで、銀行を利用できない人々の力になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
QTCt
開始日時
2017-12-11
終了日時
2019-04-30
最低目標
3,000,000 USD
初回価格
1.2000 USD
トークン供給数
70,000,000
公式サイトへ Owner of Quantocoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームWaves
タイプ不明
参加可能通貨ETH, BTC, Waves
供給率78%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    QTCは、金融や銀行のツールへのアクセスを可能にするため、潜在的に人々を貧困から脱却させる可能性があります。 これらのツールは、従来の銀行システムよりも優れた即時の流動性と通貨機能を提供します。 私たちはこれらのサービスを、地域の経済を改善する一方で、そこにいる人々が商品やサービスを投資、購入、支払い、販売することを可能にし、また、特定の地域の経済を改善します。

    システム全体は、スマートフォンのアプリとして機能するだけでなく、PCやタブレットでも機能する、明確でわかりやすいプラットフォームに基づいて開発されています。 私たちのQTCアプリは明確な指示を提供し、私たちの顧客に快適な使用法を提供し、使いやすくなります。

    チーム すべてを見る

    Alexander Brexendorff
    Alexander Brexendorff
    Co-Founder
    Pablo Victor Dana
    Pablo Victor Dana
    Partner
    Patrick Kluivert
    Patrick Kluivert
    Ambassador
    Anthony V. Raftopol
    Anthony V. Raftopol
    Legal & compliance advisor
    Sanem Avcil
    Sanem Avcil
    Advisor
    Jessielyn Abadejos
    Jessielyn Abadejos
    Community manager

    人気STO/ICO記事

    • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

      警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
    • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

      トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
    • これをみればミニ株のすべてがわかります!

      株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株