Qtum - ビジネスのために用意したブロックチェーン

Qtum(Quantum)は分散型アプリケーション(DAPP)とスマートコントラクト市場を競いながら、Bitcoinの成功を生かすことを目指す分散型のオープンソースプロジェクトです。目標は業界パートナーと協力して、最初のVTP(Value Transfer Protocol)を起動することです。 これにより、日々のビジネス・ルーチンを合理化し、導入が容易になります。 QtumはUnspent Transaction Output(UTXO)の一部として実行されるスマートコントラクトを持つプラットフォームになることを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
QTUM
開始日時
2017-03-12
終了日時
2017-03-17
調達金額
$15,000,000
トークン供給数
51,000,000
公式サイトへ Owner of Qtum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

QtumはBitcoin Core基盤とEVM(Ethereum Virtual Machine)を用いた分散型アプリケーション構築ツールである。ブロックチェーンの信頼性とスマートコントラクト機能の応用性を利用することで、様々な用途に使用できるアプリケーションを構築することが可能。

分散型アプリケーション構築ツール

Qtumは特に法人用、業務用分散型ツールの構築に適している。PoS(Proof of Stake-分散合意形成のアルゴリズムの一種で、Stake(コイン等の割合)でブロックの承認割合を確定する方式)プロトコルを用いることで他のブロックチェーンネットワークとの連携も可能。また、モバイル端末やIoTアプリケーションと連携することでビジネスを更にサポートする。

スマートコントラクト機能

ワークフローを用いてスマートコントラクト機能を構築することが可能。人間を介して行っていた契約更新機能を自動化し、ミスを最小化する。独自トークンやサプライチェーンの自動化を用いることで、更に利便性を高めることが可能。外部システムと連携することで、スマートコントラクトのハブとなり、通信、IoT、ソーシャルネットワーク等のインフラとしてなり得る可能性を持つ。

モバイル化

QtumのソースコードはSPV(Simple Payment Verification-簡易決済機能)プロトコルに準拠している。従って、モバイルにて管理できるウォレットからスマートコントラクト機能を使用することが可能。イーサリアム基盤とSPVプロトコルの併用はこれまで選択肢が限られていたため、スマートフォンとタブレットにおけるブロックチェーン機能の選択肢が増えたことになる。

AAL (Account Abstraction Layer)

Qtumスマートコントラクトは、Walletの残高を保つアカウントを処理するように設計されたEthereum Virtual Machine(EVM)を使用します。 ただし、Qtumトランザクションは、任意の数の個々のトランザクションとしてウォレットの残高を管理するbitcoin UTXOモデルに基づいています。 Account Abstraction Layerインターフェースは、個々のトランザクションのすべてを抽象化して、Ethereumスマートコントラクトからより簡単なスマートコントラクト操作およびコードの再利用を可能にする単一の勘定残高を提示します。結果として生じるEVMアカウントモデルは、スマートコントラクトプログラマにとって使いやすいものです。 ブロックチェーン上の契約と他の契約の残高を確認するための操作が存在します。 他の契約にQTUMを送るための操作があります。 これらの操作は単純に見えますが、AALはかなり複雑で、x86 VMなどの新しい仮想マシンの追加を可能にします。

Qtumブロックチェーンの技術的特徴とパラメーター

  • 取引モデル:bitcoinのUTXO(Unspent Transaction Output)
  • スマートコントラクトアーキテクチャ:EVM(Ethereum Virtual Machine)、2019年にx86仮想マシンを追加
  • ブロックサイズ:200万バイト、オンチェーンDGP(分散型ガバナンスプロトコル)を使用して最大3200万バイトまで拡張可能
  • 平均ブロック間隔:144秒
  • スマートコントラクトトークンプロトコル:Ethereum ERC 20に基づくQRC 20。QRC721非代替トークンは開発中
  • 合意アルゴリズム:BlackcoinからアップグレードされたProof of Stake、バージョン3.0
  • 理論上の最大TPS(Transactions Per Second):70から100。Lightning Networkおよび他のレイヤ2テクノロジを使用するとはるかに速くなる
  • ブロック報酬:2022年2月まで4.0 QTUM(4年ごとに半減)、および取引手数料とガスの一部
  • 創世記ブロック初期作成:1億
  • 最大供給量:30年間で1億7080万、現在の年間インフレ率0.87%

ロードマップ

2019 - Q1

Unita

  * リリースバージョン

  * Unitaのために大企業とのパートナーシップに取り込む

2019 - Q2

R&D

  スケーリング、ガバナンス、および開発ツールキットに関する新たな進歩

  Qtum Coreのバックエンドとフロントエンドの改良

  スケーリングの改善により、50k TPSに達成

x86 VM

  公開テストネット

  x86のみEVMサポートはまだない

 「必要最低限」のシステムコールサポートを完成

 Cで書かれるコントラクト

 DeltaDBの合意に不可欠な部分を完成

2019 - Q3

Lightning Network

 公開テストネット

 数ヶ月のテスト後のメインネットの統合

x86 VM

 信頼できるライブラリ機能

 2番目のパブリックテストネットx86とEVMをサポート

2019 - Q4

x86 VM

 メインネット統合

 メインネットで公開された信頼できるライブラリコントラクトの最初のセット

EVM

 x86ハードフォークと同時に予定

 新しいByzantiumオペコードをサポート

チーム すべてを見る

Patrick Dai
Patrick Dai
Co-Founder
Neil Mahi
Neil Mahi
Blockchain Architect
Jordan Earls
Jordan Earls
Core developer
Yunqi "Caspal" Ouyang
Yunqi "Caspal" Ouyang
Web developer
Baiqiang Dong
Baiqiang Dong
Xiaolong "Stephen" Xu
Xiaolong "Stephen" Xu

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに