Publica - あなたのストーリーを伝える

Publicaは出版経済をブロックチェーン革命にもたらすことを目指しています。 Publicaのプラットフォームはブッククラウドファンデーション、オンラインマーケットプレイス(eコマース)を主催し、アプリ、eリーダー、eライターをデジタル財布として二重役に置く。 READトークンは所有している本を代表し、ブロックチェーンによって裏付けされた財産です。スマートコントラクトとRIGHTトークンは、映画、ゲーム、続編などのデリバティブ権利のような合意の自動化パフォーマンスを後援します。Publicaのエコシステムはイラストレーター、編集者、マーケター、小売業者などのサービスプロバイダーを含む出版の多面経済です。プラットフォームのネットワーク効果から利益を得ることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PBL
開始日時
2017-10-25
終了日時
2017-12-01
最高目標
51,000,000 USD
トークン供給数
510,000,000
公式サイトへ Owner of Publica?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Publicaは、著者、読者、あらゆる種類の本、そして本を作る人々のためのプラットフォームです。 出版経済のあらゆる種類の取引と交換を行うためのスマートコントラクト。

  • 電子書籍は遅かれ早かれ紙の書籍を置き換えるでしょうか?
  • 自己出版は伝統的な出版を凌ぐでしょうか?
  • クラウドファンディングは従来な資金調達と競合しますか?
  • ビットコインやイーサリアムのようなピアツーピア取引ではスマートコントラクトやトークン化で伝統的な金銭関係を崩壊しますか?
  • 出版は世界経済ですか?

これこそPublica.

Publicaは、編集者、カバーアーティスト、イラストレーター、マーケティング担当者など、高品質で価値の高い書籍を出版し、宣伝するために必要な第三者の生態系を促進します。 ブロックチェーン上で電子商取引をバックアップすることにより、Publicaは信頼と流動性を生態系にもたらします。 ピアツーピア。

Publicaは生態系を奮起させるために、著者が新作のために独自のトークンを提供するためのプラットフォームです(クラウドファンディング)。 書籍のトークンの打ち上げで販売される各トークンは、eリーダーの書籍への読書アクセスを表します。 著者は、ファンや機関投資家と交渉した本の前払いを設定することができます。 彼らは創造的かつ財政的自由を保持し、独立を維持する手段を持っています。

Publicaは知的財産権のトークン化のため、法的および技術的枠組みを確立します。 一つの出版社に印税の90%を払う代わりに、著者は所有権を分散して投資家を引き付け、書籍の成功のための生態系を助長することができます。

チーム すべてを見る

Josef Marc
Josef Marc
CEO
Yuri Pimenov
Yuri Pimenov
CTO
Antons Saprik
Antons Saprik
COO
Uldis Baumerts
Uldis Baumerts
Aigars Pavlovics
Aigars Pavlovics
Glebs Vrevskis
Glebs Vrevskis

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: