PrepayWay - 国際的なビジネスの新時代へ

PrepayWayは様々な分野の企業の国際協力関係、契約書の締結、支払いの実行などを簡略化するブロックチェーンエコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
InBit
開始日時
2019-04-18
終了日時
2019-05-18
最高目標
50,000,000 EUR
初回価格
0,01 EUR
トークン供給数
6,500,000,000
公式サイトへ Owner of PrepayWay?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50.93%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Switzerland, United States of America, Afghanistan, Bosnia and Herzegovina etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale Tier 1 - 70% discount

概要

インテグラル支払いゲートウェイ

ライセンスを持つエスクローパートナーが仮想通貨や不換紙幣による安全な送金メカニズムを提供

スマートコントラクト

契約条件の自動管理システムによって、不正行為にさらされるリスクを減らし、仲介業者の必要性をなくしました。そのことによって法律関係や調停などの費用を削減することができます。

契約の安全性

スマートコントラクトとブロックチェーンに分散して保存されたデータを組み合わせることで、透明性を高め、不正行為のリスクを低減します。

紛争を解決するスマートなソリューション

国際調停委員会SmartArbが訴訟などの法的な問題を解決します。

契約のカスタマイズ

契約のカスタマイズのためのユーザーフレンドリーなインターフェースで、様々な言語による詳細な説明とアドバイスを提供

法的効力を持つ契約書

経験豊富な法律家によって作成され、各国の法律に準拠した契約書テンプレート

チーム すべてを見る

Prof. Dr. Frank Emmert
Prof. Dr. Frank Emmert
Co-founder
Dr. Mihnea Constantinescu
Dr. Mihnea Constantinescu
CPO & Co-founder
Nikolai Kalinin
Nikolai Kalinin
CEO & Сo-founder
Eduard Langebraun
Eduard Langebraun
CFO & Co-founder
Oliver Nedela
Oliver Nedela
COO & Co-founder
Dr. Vahe Sahakyan
Dr. Vahe Sahakyan
Co-founder

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常