PrepayWay - 国際的なビジネスの新時代へ

PrepayWayは様々な分野の企業の国際協力関係、契約書の締結、支払いの実行などを簡略化するブロックチェーンエコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
InBit
開始日時
2019-04-18
終了日時
2019-05-18
最高目標
50,000,000 EUR
初回価格
0,01 EUR
トークン供給数
6,500,000,000
公式サイトへ Owner of PrepayWay?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50.93%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Switzerland, United States of America, Afghanistan, Bosnia and Herzegovina etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale Tier 1 - 70% discount

概要

インテグラル支払いゲートウェイ

ライセンスを持つエスクローパートナーが仮想通貨や不換紙幣による安全な送金メカニズムを提供

スマートコントラクト

契約条件の自動管理システムによって、不正行為にさらされるリスクを減らし、仲介業者の必要性をなくしました。そのことによって法律関係や調停などの費用を削減することができます。

契約の安全性

スマートコントラクトとブロックチェーンに分散して保存されたデータを組み合わせることで、透明性を高め、不正行為のリスクを低減します。

紛争を解決するスマートなソリューション

国際調停委員会SmartArbが訴訟などの法的な問題を解決します。

契約のカスタマイズ

契約のカスタマイズのためのユーザーフレンドリーなインターフェースで、様々な言語による詳細な説明とアドバイスを提供

法的効力を持つ契約書

経験豊富な法律家によって作成され、各国の法律に準拠した契約書テンプレート

チーム すべてを見る

Prof. Dr. Frank Emmert
Prof. Dr. Frank Emmert
Co-founder
Dr. Mihnea Constantinescu
Dr. Mihnea Constantinescu
CPO & Co-founder
Nikolai Kalinin
Nikolai Kalinin
CEO & Сo-founder
Eduard Langebraun
Eduard Langebraun
CFO & Co-founder
Oliver Nedela
Oliver Nedela
COO & Co-founder
Dr. Vahe Sahakyan
Dr. Vahe Sahakyan
Co-founder

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他