PrepayWay - 国際的なビジネスの新時代へ

PrepayWayは様々な分野の企業の国際協力関係、契約書の締結、支払いの実行などを簡略化するブロックチェーンエコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
InBit
開始日時
2019-04-18
終了日時
2019-05-18
最高目標
50,000,000 EUR
初回価格
0,01 EUR
トークン供給数
6,500,000,000
公式サイトへ Owner of PrepayWay?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50.93%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域Switzerland, United States of America, Afghanistan, Bosnia and Herzegovina etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale Tier 1 - 70% discount

概要

インテグラル支払いゲートウェイ

ライセンスを持つエスクローパートナーが仮想通貨や不換紙幣による安全な送金メカニズムを提供

スマートコントラクト

契約条件の自動管理システムによって、不正行為にさらされるリスクを減らし、仲介業者の必要性をなくしました。そのことによって法律関係や調停などの費用を削減することができます。

契約の安全性

スマートコントラクトとブロックチェーンに分散して保存されたデータを組み合わせることで、透明性を高め、不正行為のリスクを低減します。

紛争を解決するスマートなソリューション

国際調停委員会SmartArbが訴訟などの法的な問題を解決します。

契約のカスタマイズ

契約のカスタマイズのためのユーザーフレンドリーなインターフェースで、様々な言語による詳細な説明とアドバイスを提供

法的効力を持つ契約書

経験豊富な法律家によって作成され、各国の法律に準拠した契約書テンプレート

チーム すべてを見る

Prof. Dr. Frank Emmert
Prof. Dr. Frank Emmert
Co-founder
Dr. Mihnea Constantinescu
Dr. Mihnea Constantinescu
CPO & Co-founder
Nikolai Kalinin
Nikolai Kalinin
CEO & Сo-founder
Eduard Langebraun
Eduard Langebraun
CFO & Co-founder
Oliver Nedela
Oliver Nedela
COO & Co-founder
Dr. Vahe Sahakyan
Dr. Vahe Sahakyan
Co-founder

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化

    【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?が公開している公式APIを活用すれば、コイン相場アプリに連携し取引が可能になります。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、コイン相場では簡単にAPIが連携でき、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは世界最大級の先物取引所であるのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。BitMEXはBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH (イーサリアム)、LTC (ライトコイン)
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。