Ponder - 分散型推薦プラットフォーム

Ponderは推奨する義務をカジュアルなゲームの仕組みに置き換えて、推奨を面白くし、ゲームをやる感覚で推奨を行います。 さらに、水仙行為は推薦者から直接推薦される者に行い、人々の懸念や危機は積極的な方法で排除され、そして最後に、成功した推薦は金銭的報酬システムの導入を通じて報われます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PON
開始日時
2018-07-01
終了日時
2019-03-28
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
0.0908 USD
トークン供給数
120,000,000
公式サイトへ Owner of Ponder?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, USD
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Up to midnight July 31st - 15%
  • Remainder of sale - 10%

概要

Ponderは推薦することを義務化するのではなく、行うことを楽しくするために、推薦を行う行為を面白くすることを目指しています。

信頼できる情報源からの推薦は、人々の生活を変える可能性があります。 彼らはある仕事、ある投資、またはあるロマンチックなパートナーを得ることができます。 Ponderは推薦をする行為を巧みに捉えようとしています。 楽しくし、経済的な見返りを加えることで、Ponderは推薦の数を大幅に増やすことができます。 この新しいアプローチは、求人からオンラインデート、顧客の紹介まで、多くの産業分野に革命を起こす力を持っています。

チーム すべてを見る

Michael Egan
Michael Egan
Chairman of the Board
James Fowler
James Fowler
Peter Davison
Peter Davison
Matt Curtis
Matt Curtis
Irfan Kamal
Irfan Kamal
Joe Abrams
Joe Abrams
Co-Founder MySpace

人気ICO記事

  • 【API連携】coincheck/コインチェックの取引や資産管理を効率化

    の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?coincheckが公開している公式APIを活用すれば、それは可能です。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、仮想通貨アプリのを使えば簡単にAPI連携し、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは国内最大級の取引所であるcoincheckのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。coincheckは2014年8月にサービス開始した日本の仮想通貨取引所です。投資初心者向けの使いやすいUIや取り扱い銘柄の多さが特徴で、国内ユーザー数の多い取引所でしたが、2018
  • 海外でも有力な仮想通貨取引所、Huobiが日本進出、Huobi Japanの特徴とは?

    「Huobi Japan」は、世界中に展開する仮想通貨取引所Huobiが、日本で2019年1月から仮想通貨取引サービスを開始した国内取引所であり、金融庁の仮想通貨交換業の登録を受けています。(フォビジャパン株式会社、仮想通貨交換業 関東財務局長第00007号、)Huobiの本社(Huobi Global)には、全社員1300名のうち約300名がエンジニアとして在籍し、その多くはグローバル企業出身です。そのためHuobiは高いセキュリティを実現しており、2013年の本社創立以来、仮想通貨の流出事件は一度も発生していません。(出典) Huobiトレード画面 Huobi Japanでは、国内で人
  • ポートフォリオの使い方- 仮想通貨アプリ コイン相場

    いま、どこに、どの通貨を、いくら持っているのか、リアルタイムで確認する事が出来ます。仮想通貨の資産管理は、取引所やウォレットなど、保管場所が複数ある場合、管理が非常に煩わしいです。その点、コイン相場のポートフォリオ機能は便利です。【】・【】あるいは【】しておくと価格変動に合わせた資産をリアルタイムで確認できます。日本円で表示されない海外取引所を利用するときや散らばっている資産の管理がとても簡単にできる機能です。 まずは、仮想通貨ポートフォリオ機能が使えるアプリ、利用している取引所とAPIを連携しておくと全ての取引履歴や資産残高がコイン相場アプリでも自動更新されます。連携方法については