PIXBY Project - 創造力が報われる場所

PIXBYは、誰もが自分の能力を発揮し、その過程で報酬を得ることができるように創造性が報われる市場です。 さまざまな問題を解決するために従業員を探している人々にワンストップソリューションを提供します。 PIXBYは、リモートワーカーと雇用主の両方にプラットフォームを提供し、時間が経つにつれて、最高の分散型暗号資産ベースの市場を見せます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PXB token
開始日時
2019-08-31
終了日時
2019-10-20
最高目標
63,375 ETH
初回価格
0.0598 USD
トークン供給数
97,500,000
公式サイトへ Owner of PIXBY Project?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, USDT
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Public Pre-Sale 1 - 25%
  • Public Pre-Sale 2 - 15%
  • Public Mainsale - 6%

概要

PIXBYアプリの利点は何ですか?

顧客として

フリーランサーを雇う

検索エンジンを使用するか、カテゴリとサブカテゴリを閲覧して、トップフリーランサーを簡単に見つけて雇用する

安全な支払い

ユーザーが提供するサービスの手数料が0%で、安全で機密性の高いP2Pトランザクションを管理する。

ロイヤルティプログラム

日常生活でPIXBYを使用すればするほど、より多くのポイントを獲得できます。 PIXBYは、誰もが提供する価値に基づいて富が共有されるネットワークです。

法定通貨への交換

PXBからPXBXへの暗号通貨の即時交換

完全に自動化されたプロセス

PIXBYプラットフォームを使用すると、サードパーティの介入なしに、フリーランサーと迅速かつ安全に接続できる。

仮想通貨を安全に保管する

数分で複数通貨ウォレットを作成します。PXBの受け取りを開始したり、Pixbyアプリ内のユーザーが提供するサービスの支払いを開始したりするために登録は必要ない。

フリーランサーとして

時間の柔軟性

Pixbyでフリーランサーとして在宅または遠隔職場から作業することで、自分に都合の良い作業時間を決めます。

フルクレジット

Pixbyでフリーランサーとして働いているとき、あなたは一生懸命働いた功績の全額を受け取ります。

資産の固化

PXBトークンを私たちの法定通貨に即座に交換して、市場の不安定さから収入を保護できる。

収入管理

あなたの収入はあなた自身の努力の直接的な結果であり、あなたしか管理できない。 「中間者」が関与しない入金また引き出す

チーム

Shadiyar Kempirbay
Shadiyar Kempirbay
Founder | CEO
Ayaulym Olzhas
Ayaulym Olzhas
Marketing Executive
Goodnews Richard
Goodnews Richard
Content Marketing Manager
Salaudeen Usman
Salaudeen Usman
Community Moderator
Antony Jaye
Antony Jaye
Community Moderator

人気STO/ICO記事

  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価