Pinnacle Brilliance - 取引の未来へようそこ

Brillianceは、Stellarベースのトークンで、Pinnacle(フル機能の投資アプリ)で使用され、他のすべての主要な取引所や証券会社を史上初めて単一のアクセスポイントに接続します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BRIL
開始日時
2018-01-31
終了日時
2018-02-25
トークン供給数
26,990,000
公式サイトへ Owner of Pinnacle Brilliance?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームStellar
タイプ不明
参加可能通貨ETH, BTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Pinnacleは、成長する仮想通貨、CFD、株式、先物、オプション投資の世界への主要なアクセスポイントになる取引および投資プラットフォームです。 Pinnacleは、初心者のために自動化されたトレーディング機能と、プロフェッショナルのための最高のトレーディングツールを備えたフル機能の投資マルチプレックスです。このプラットフォームは、取引の仮想通貨と世界市場に革命をもたらします。

Pinnacleのサービスは次のとおりです。

  • すべての主要取引所へのアクセス、プラットフォーム内のすべての取引機能(PC、Mac、Android、iOS)を実行する機能
  • すべての取引所内および取引所間の完全自動裁定取引
  • 複数のプラットフォーム間で取引を行う際に専門トレーダーをコピー/フォローする(複数のパフォーマンスベースの資格システムと自動コミッションを使用)
  • YamaCatトレーディングコース初心者がリアルタイムで有能なトレーダーになるために必要なすべてのスキルを学ぶ
  • 高度なAI取引パターン認識/識別、自動取引執行、および専門家向けの取引セットアップアラートを含むすべての取引のための広範囲なチャート作成アプリケーション
  • Pinnacle独自の取引戦略シグナル(80%以上の精度)
  • プロフェッショナルが貿易勧告サブスクリプション(トレーディング戦略/ヒント、グループベースのトレーニングなど)を提供するための暗号化されたグループメッセージングと収益化コミュニケーション機能
  • 例外的に低いリスクと一貫して高い収益率を持つ仮想通貨と株式の1対1取引に特化したSpecialized Pinnacle自動取引システム
  • ポートフォリオ・インベストメント・マネジメント・スイートは、あなたの持ち株を追跡し、あなたが短期および長期にわたって構築するのを手助けします。
  • ユーザーが独自のツール、指標、ボット、サブスクリプション、プライベートグループのメンバーシップを購入して販売するトレーダーマーケット

私たちは、異なる人が異なる取引環境で優れていると考えています。人がストレスと外為での迅速な意思決定に適していない場合、1:1取引は完璧です。特に取引に時間がかからない人のために。

彼らの強みと弱みに合ったトレーディングスタイルを選ぶ限り、すべての人が成功したトレーダーになることができます。

チーム すべてを見る

Roman Guelfi-Gibbs
Roman Guelfi-Gibbs
Project leader, lead trading strategist
Alex Roganov
Alex Roganov
Custom trading indicator lead architect, platform coder
Edward J Dale
Edward J Dale
Project manager, development strategy lead, platform coder
Max Späth
Max Späth
Algorithmic trading lead, platform coder
Kuki Queue
Kuki Queue
Graphics and motion graphics lead
Niall Gowanlock
Niall Gowanlock
Software architecture lead, platform coder

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ