Monero - プライバシーデジタル通貨

Moneroは安全で、プライベートで、追跡できない仮想通貨です。オープンソースであり、すべての人がアクセス可能です。Moneroでは、あなたは自分の銀行です。あなただけが自分の資金を管理し、責任を負います。あなたのアカウントとトランザクションは他者から非公開となります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XMR
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Monero?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

MONEROとは

Moneroとは安全で、プライベートで、追跡できない暗号通貨です。オープンソースであり、すべての人がアクセス可能です。Moneroはあなた自身の銀行です。あなたの資産をあなた自身で管理することが出来ます。あなたのアカウントとトランザクションは他者から非公開となります。

MONEROの安全性

Moneroは分散型の仮想通貨です。それはネットワーク上のユーザーによって運営されているデジタル通貨を意味します。トランザクションは分散された総意によって、承認され、ブロックチェーン上に不変的な形で保管されます。第三者はあなたのMoneroの安全性を信用する必要はありません。

MONEROの非公開性

Moneroはリングシグニチャ、リング機密トランザクション、ステルスアドレスを用いて、トランザクションの発行元、発行量、送付先を暗号化します。Moneroは通常利用される個人情報を必要とせずに分散化された暗号通貨のメリットすべてを提供できます。

MONEROは追跡不能

取引金額と同様に送受信アドレスは最初から暗号化されています。 Moneroのブロックチェーン上のトランザクションはユーザーもしくは実世界の身元と紐付けることは出来ません。

MONEROは代替不能

Moneroは最初から非公開なので代替不能です。Moneroは売り手がブラックリストに加えたり、以前のトランザクションを取り替えることは出来ません。

Moneroのプライバシーは他のコインとどう違うのですか?

Moneroは、リング署名、リング機密取引(RingCT)、およびステルスアドレスの3つの異なるプライバシー技術を使用しています。それぞれ、取引内のセンダ、金額、レシーバを非表示にします。 ネットワーク上のすべてのトランザクションはマンデートによってプライベートです。 誤って透明的なトランザクションを送信することはありません。 Moneroの専属機能です。

Moneroはビットコインとどう違うのですか?

Moneroはビットコインに基づいていません。CryptoNoteプロトコルに基づいています。ビットコインは完全に透明的なシステムであり、ユーザーはあるユーザーから別のユーザーに送信されている金額を正確に確認できます。Moneroはこの情報を隠して、すべての取引においてユーザーのプライバシーを守ります。 他にもいくつかの違うところがありますが、動的なブロックサイズと動的な料金、ASIC耐性のあるプルーフオブワーク、およびテールコインの発行もあります。

CryptoNoteとは何ですか?

CryptoNoteは、プライバシー中心の暗号通貨の作成を可能にするテクノロジです。CryptoNoteが提供する匿名性のレベルは、設計上ビットコインコードベースでは不可能です。Bytecoin(BCN)はCryptoNoteのリファレンス実装であり、XMRはBCNのコードに基づいています。

CryptoNoteの主な機能の2つは、混合によって送信者IDを隠すring signatureと、トランザクションをリンク不可能にするワンタイムキーです。 それらの組み合わせ効果は、ユーザーの側に特別な努力をいらず高度な匿名性を与えます。

ビットコインとは異なり、あなたの資金はあなたが他人に配ったアドレスには保存されていません。 代わりに、支払いを受け取るたびに、乱数で生成されたリンクできないアドレスに行きます。 そのワンタイムアドレスの資金を使う時、金額は細分化され、コンポーネントはブロックチェーン内の同一のアウトプットと区別がつきません。

MONEROの沿革

Moneroは2014年の4月に発売されました。ビットコインよりも匿名性に優れているとされているプロトコル(CryptoNote)の参照コードを事前にアナウンスされた状態で発売されました。

公開する前に開発者が一定量を事前に採掘するpremineや大量の通貨を供給するinstamineをすることなく、開発者へブロック報酬を分配することもありませんでした。創業者はコミュニティが同意しない変更をいくつか提案しました。Moneroのコアチームはコミュニティに支持された新しいコアチームとこのプロジェクトを分けました。

Moneroを活用したのプロジェクト

  • Kovri

Kovriは、Kovriプロジェクトによって開発された、無料の分散型ネットワーク匿名技術です。あなたがKovriネットワーク内で匿名のままでいられるように、Kovriはあなたのインターネットアプリケーションのトラフィックをカバーします。現在Monero ProjectのForum Funding Systemによって資金提供されているKovriは、既存のI2Pネットワークと完全に互換性のある、軽量でセキュリティ重視のルーターです。

  • OpenAias OpenAliasプロジェクトは、Monero WalletアドレスにFQDN(Fully Qualified Domain Names)を提供することにより、プライバシーを守る方法で暗号通貨の支払いを簡素化します。プロジェクトは順調に進んでおり、既に多くのMonero財布に導入されています。

ロードマップ

  • フォーラム資金調達システムの再設計
  • Kovri統合
  • スピードとスケーラビリティのための第2層ソリューション
  • 追加のMRL研究論文

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。