AEON - イオンは単なる通貨ではありません。 ライフスタイルです。

AEONはこの時代を実現することを約束しています。世界中のすべての人々が、自分が所有するガジェットを使って私的にお金を受け取ったり、送ったりする自由を持つ時代を可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AEON
トークン供給数
184,000,000
公式サイトへ Owner of AEON?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

1.モバイルフレンドリー

1MBのスクラッチパッドにより、AEONは通常のラップトップやデスクトップと並んでモバイルデバイス上でも効率よく作動します。

2.普通ではないプルーフオブワーク

AEONの軽量なPoW(CryptoNote-Lite)は、ブロックチェーンの認証をより高速に行うことを可能にします。

3.大きさを変更するためのブロックチェーンプルーニング

プルーニングにより、ブロックチェーンを小さく留めておくことができ、デバイスの限られたストレージ容量を超えることはありません。また、この機能は、攻撃(age-based attacks)を減らすことで、匿名性を向上させます。

4.高速同期

Bitcoinからフォークした通貨と比較して、CryptoNoteコインは特に認証が高く、孤立ブロックが多くなります。 AEONは、ブロックタイムを4分に設定し、同期を4倍にすることで、この問題を解決します。私たちのより軽量なPoWと組み合わせることで、ローエンドデバイスの同期時間を10倍以上に向上させることが可能です。

5.オプションの軽量転送

CryptoNoteコインとしての支払いは、標準ではまだ匿名です。しかし、Moneroとは異なり、AEONでは追跡可能な転送も可能です。これらは、取引所間でのやりとりのようにセンシティブではない支払いに対して、よりすばやく、より低額なオプションです。

AEONは、Litecoinが軽量のBitcoinを目指すのと同じように、軽量のMoneroになることを目指しています。

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である