Dolla - 世界最速、安全、ほぼ無料な送金方法

Dollaソフトウェアは、ビジネス所有者、起業家、フリーランサー、スタッフ、友人、家族が世界中のどこからでも瞬時に、ほぼ無料で、手間のかからない方法でお金を送受信できるトランザクションネットワークです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DLA
開始日時
2019-05-10
終了日時
2019-05-30
調達金額
5,000,000 USD
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
42,000,000 USD
初回価格
0.0013 USD
トークン供給数
51,000,000,000
公式サイトへ Owner of Dolla?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, BCH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域China, Iran, North Korea
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First $10,000,000 Sold - 40% Bonus

概要

現在の暗号通貨が世界的に採用されている決済ソリューションになる際に直面する問題を解決することを目的としています。問題は主にスピード、スループット、およびコストに基づいています。

例えばビットコインは、1秒あたり3〜6回のごく少量のトランザクションしか処理できないことが証明されています。支払いは、完了までに約1時間かかります。この数字は、ビットコインが世界規模での支払いソリューションとして使用されることは明らかにスケーラブルではありません。一方、Dollaの処理能力は1秒あたり10,000トランザクションであり、暗号世界ではトランザクション確認時間がわずか1秒であり、エキサイティングな発展を遂げています。世界規模の支払いソリューションで探している種類の機能であり、Dollaは提供できるようです。   Dollaブロックチェーンは、高保証の方法論を使用して開発されています。参照実装は、正確さと監査可能性に重点を置いて、Haskellプログラミング言語で書かれています。   他の多くの許可された暗号通貨とは対照的に、Dollaは分散化されており、単一の会社や個人によって管理されていません。 Dollaは、線形の歴史を持つコンソーシアムのフォークフリーブロックチェーンとして設計されており、これにより、高スループット、低レイテンシ、即時のファイナリティを実現できます。大多数のコンセンサスメンバーは、各ブロックがロックチェーン方式でブロックチェーンに追加されることに同意します。Dollaブロックは、大多数定足数で含めることを決定するまでコミットされません。コミットされると、その中のブロックとトランザクションは元に戻せません。従ってDollaは即時の最終決定を提供します。

チーム すべてを見る

Andreas Holmes
Andreas Holmes
CEO and Founder
Parrish Stanton
Parrish Stanton
Chief Legal Officer
Nicole Herstik
Nicole Herstik
Chief Financial Officer
Jolene Oxborrow
Jolene Oxborrow
Global Marketing Officer
Andre Knispel
Andre Knispel
Chief Scientific Officer
Guidon Malamud
Guidon Malamud
Haskell Software Development Engineer

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[