Momenteum - グローバルな分散型通貨

Momenteumは主流のデジタルウォレットで使用される、公開なイーサリアムベーストークンであり、管轄区域や組織のサイロ、および金銭的な通貨と分散型通貨の両方でリアルタイムに、ピアツーピアの価値交換と支払いサービスを可能にします。 Momenteumでは中央の権限なしに完全に分散化されたグローバルな支払いネットワークにアクセスすることができます。 iEthereumを通じて、誰でも支払い、送金、給与預金、B2Bコマース、サプライチェーンファイナンス、ロイヤルティプログラム、資産管理と取引、およびその他のオンデマンドサービスなどの金融取引を完全に分散した安価な方法で行うことができます 。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
MMT
開始日時
2018-03-26
最低目標
200 ETH
最高目標
6,000 ETH
初回価格
0.000085 ETH
トークン供給数
73,600,000
公式サイトへ Owner of Momenteum?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Momenteumの送金機能により、安全かつ信頼できる方法でお金を完璧に転送できます。 ビットコインとは異なり、Momenteumとのトランザクションは高速です。あなたは数分待つ必要はありません。あなたはMomenteumを瞬時に地球のどこにでも送ることができ、30秒以内にそれが消費可能であることを確認することができます。

第三者に仮想資産を保有することは、トークン経済にとって重要な資産管理リスクです。 Momenteumは自分の財布に自分のトークンを直接保持できるようにすることで、あなたの資産を管理します。

Momenteumプラットフォームは、提供するセキュリティと透過性を活用して、オープンなブロックチェーン技術をベースに構築されています。 Momenteumスマートコントラクトは、オンラインでP2Pの価値移転技術として開発されました。私たちは、グローバルにアクセス可能で摩擦のないバリューネットワークと同じパワーをブロックするためにMomenteumを構築し、他社とのプライベートで安全な交換をサポートしています。

仮想通貨の重要な側面はスケール・アベイラビリティです。つまり、大量採用のためにブロックチェーンを十分に拡張するソリューションを見つけることです。すべてがトークン化され、ブロックチェーンによって1日接続されます。現時点では、イーサリアムは1秒あたり約13件のトランザクションを処理できます。現在の努力がうまく実行されれば、Momenteumは2018年末までに1,000万のユーザーアプリの準備が整う可能性があります。

Momenteumは、ユーザーコミュニティによって開発されたオープンソースのスマートコントラクトです。オープンソースプロジェクトは、開発者がコラボレーションを通じて共有し、学ぶためのすばらしい機会を提供します。 Momenteumプロジェクトにはさまざまなスキルが必要なため、貢献はコードに限定されません。イノベーションを推進するためには、企業がソフトウェア資産をどのように作成、展開、使用するかを最適化する必要があります。

チーム

MIKE KRUEGER
MIKE KRUEGER
CO-FOUNDER & CEO
ORI FEDOROV
ORI FEDOROV
CO-FOUNDER & CTO
FEDERIC SAVCHENKO
FEDERIC SAVCHENKO
CO-FOUNDER & COO
ANDREY HOYER
ANDREY HOYER
CO-FOUNDER & PRESIDENT

人気STO/ICO記事

  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・