Graft - 分散型決済ゲートウェイと処理プラットフォーム

Graftは誰でも使用できるオープンソースブロックチェーンベース分散型決済ゲートウェイと処理プラットフォームです。販売者と購入者は安価でGraftを使用できます。 Graftエコシステムはオープンであるため、誰でもネットワークサービスを実装することで参加できます。Graftはクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなど従来の電子決済システムと同様の決済処理手順です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GRF
開始日時
2018-01-18
終了日時
2017-10-16
最高目標
4,600,000 GRF
トークン供給数
4,600,000
公式サイトへ Owner of Graft?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEM
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH, XEM, XMR
供給率24%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Graftは誰もが利用できるグローバルでオープンソースのブロックチェーンベース分散型決済ゲートウェイと処理プラットフォームです。 バイヤーと商人は完全に分散且つ安価な方法でGraftを利用できます。Graftエコシステムはオープンであるため、誰でもGraftブロックチェーンを維持し、ネットワークサービスを実装することで参加できます。 Graftは世界中の何百万人の消費者や商人に既によく知られているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどの従来の電子決済システムと同様の決済処理プロトコルとフローを採用します。このアプローチにより、Graftを主流の支払いプラットフォームとしてより簡単かつ迅速に採用できるようになり、現在バイヤーと販売者間の取引を促進するために必要な中央仲介業者(支払いゲートウェイとプロセッサ)の必要性がなくなります。

分散処理

中央権力はありません。 前払い契約はありません。 クレジットカードを含むすべての支払い方法はネットワークによって処理されます。

ユニバーサルソリューション

仮想通貨とクレジットカードの両方を受け入れる。 販売者が仮想通貨と現地通貨の両方で支払い

少ない取引手数料

柔軟な取引手数料体系により、小額支払いが可能になります

瞬時認可

Bitcoinはトランザクションを確認するのに10〜60分かかります。 Graftは数秒しかかかりません。

クレジットカードのワークフロー

現在のシステムやプロセスとの互換性を提供

絶対プライバシー

追跡不能、リンク不可、置き換え可能。 暗号メモのすべての機能と機密料金の金額

信頼とコンプライアンス

必要に応じてIDとクレーム確認を行います。 評判スコアシステム

迅速な統合

現在のクレジットカードワークフローと互換性があります。 柔軟なAPIとSDK

消費者に便利

複数通貨、クロスシステムウォレット。 クレジットカードもご利用いただけます!

商人トークン

ロイヤルティ報酬、プロモーション、その他のブランド構築を可能にする

最先端のブロックチェーン設計

GraftはPOWとPOS両方の技術を活用しMonero(CryptoNote)をベースに構築されており、ブロックチェーン設計における最先端技術を表現します

無料移転

ゼロ知識証明で認証されたユーザーは取引手数料なしでウォレット間で資金を移動できます

チーム すべてを見る

Slava Gomzin
Slava Gomzin
Dan Itkis
Dan Itkis
Vitalius
Vitalius
Brad Gleeson
Brad Gleeson
Yulia Kadulin
Yulia Kadulin
COO, UkrSibbank BNP Paribas Group
Oleg Buzinover
Oleg Buzinover
CFO, SmartRg

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株