Molecular Future - ワンストップのグローバルデジタル資産投資サービスプラットフォーム

Molecular Futureは、China Fortune(00110.HK)、Molecular Group、HBCC、XBTING Fund、HCASH Foundation、およびCollistar Capitalが共同出資したワンストップのグローバルデジタル資産投資サービスプラットフォームに登録された革新的な金融投資サービス会社です。 このプラットフォームには、デジタル通貨管理、ヘッジファンド、クラウドファンディング、ETFインデックスファンド、住宅ローン取引商品が含まれますが、これらに限定されません。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MOF
開始日時
2017-12-08
終了日時
2018-01-01
初回価格
1 ETH=1600 MOF
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Molecular Future?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

デジタル通貨に基づく投資商品

さまざまなデジタル通貨、デジタル通貨ヘッジ、デジタル通貨仲裁、デジタル通貨クラウドファイナンス、およびデジタル通貨定量取引を含むがこれらに限定しないワンクリックの多様化投資デジタル資産。

専門機関マーケットソフトウェア

市場動向のリアルタイム監視、データ統合、情報収集、専門分析、取引シミュレーション、早期警告などの機能を提供する機関専門分析ソフトウェア。

グローバルプロジェクトのアーカイブと評価

グローバルチェーン関連プロジェクトのデータベース:適格なプロジェクトデータの入力、専門的な分析評価レポート、投資家の経験に関するフィードバック、スコアのランキング、プロジェクトの事前警告、ブラックリスト。

情報メディアコミュニティの構築

最も包括的な情報メディアコミュニティには、専門的な情報セクター、マネーマーケットプラクティショナー向けの特別コラム、ユーザー投資経験交換エリア、投資フォローエリアおよび報酬の相互作用が含まれます。

エコロジーの分散アプリケーション

完全な生態学的支援と組み合わせて、数百の資金が投資した新興企業は、適切な時期にMolecular Futureを通じてCTD分野に徐々に進出します。 Molecular Future Foundationは、早期に投資業界の支援と共同参入に参加します。

ブロックチェーンベースの操作を取り除く

会計技術と相互協力のシステムの分散共有、およびネットワーク会計全体が、ユニバーサルクレジットシステムの構築に役立ちます。コンセンサスアルゴリズムは、すべてのトランザクションレコードを透明的に記録および検証するために使用され、数学的アルゴリズムは、仲介機関を置き換えるために使用されます。従来の集中型アプローチと比較して、紛争と無駄な時間が削減されます。

チーム

JASON TSO
JASON TSO
CEO / Chief Executive Officer
KENNESE CHAN
KENNESE CHAN
CFO / Chief Financial Officer
GOLDEN YU
GOLDEN YU
CIO / Chief Information Officer
JACKY CHAN
JACKY CHAN
COO / Chief Operating Officer

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )