MBYS - 分散型プロフェッショナルネットワーク

MBYSプラットフォームは、分散型のオンラインプロフェッショナルネットワークとして機能し、MESHトークンプロトコルは、教育や職歴などの専門データの検索と作成を自動化し、才能データを雇用主に売却することで消費者が直接採用できるようにし、オンライン採用のB2Bモデルを排除します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MESH
開始日時
2018-05-05
終了日時
2018-06-05
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
18,000,000 USD
初回価格
1 MESH = 0.001 ETH
トークン供給数
22,950,000
公式サイトへ Owner of MBYS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率51%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Level 1 - 40 %
  • Level 2 - 25 %
  • Level 3 - 10 %

概要

MBYSは、分散型プロフェッショナルネットワーキングプラットフォームのコンセプトです。 MESH(Mutual Exchange Service Hash)トークンプロトコルを使用して、プロフェッショナルデータ分析の現在のB2Bモデルを崩壊させることを目指しています。プラットフォームを使用している企業がMESHトークンを使用してプロのデータを購入することを選択した場合、MBYSユーザーは補償されます。 MBYSは、日常のプロフェッショナルが他の人と安全に接続し、資格情報を検証し、新興のブロックチェーンエコシステムのネットワークを効果的にアップグレードできるプラットフォームを提供しようとしています。    資本主義は、ビジネス関係を形成し、雇用者に注目されるサービスを獲得し、候補者を募集してビジネスを成長させることに基づいています。安全なプロフェッショナルネットワーキングを促進する媒体がなく、プロファイル情報の直接購入を容易にするシステムは存在しない。    ユーザーが作成したデータは、不当に盗まれ、通常は同意なしに、あるいはユーザーの知識さえも、人事および雇用データアナリストに販売されます。さらに、LinkedInのような仲介者は、ユーザー自身が製作する時間を取ったデータで大儲けします。プロフェッショナルネットワーキングプロファイルの所有者は全然設けません。    MBYSは、MESHトークンプロトコルの最初のユースケースとなるMBYSプラットフォームを介して、仕事と仕事を求める専門家が互いに接続するためのシームレスな方法を提供することを目指しています。ユーザーは、MESHトークンを購入することによりプラットフォームにアクセスします。これは、プラットフォーム上のさまざまなアクティビティに対しても付与されます。接続の仲介、プロのデータを自発的にビジネスに販売することなどが含まれます。

さらに、MBYSは、MESHトークンと引き換えにしかアクセスできない才能募集データプールを提供することを目指しています。企業は、このサービスを利用するためにさまざまな量のMESHトークンを支払うことになります。

チーム

Muteramyi Nintunze
Muteramyi Nintunze
Co-founder & Chief Executive Officer
Omar Zaki
Omar Zaki
Co-Founder & Chief Technology Officer
Mirza Uddin
Mirza Uddin
Advisor
Jared Polites
Jared Polites
Advisor
Nikolay Shkilev
Nikolay Shkilev
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )